その峠は夜になるとゴーストライダーが現れる

峠

 

これは、ある峠をバイク友達の浩樹(仮名)と二人で走っていた時の話。

 

そこは夜になると『ゴーストライダーが現れる』と噂される場所で、浩樹はソイツと勝負するつもりで来ていた。

 

夜になり俺たちが走り始めると、前方からマフラーの音が聞こえてきた。

 

ゴーストライダーはリムから何まで真っ黒に塗装されているらしいので、一目見ればすぐ分かるはずだ。

 

浩樹は凄い速さで前を突き進み、俺は置いていかれた。

スポンサーリンク

首無しライダー

しばらくすると、「バチンッ」と大きな音が聞こえ、追い付くとそこには浩樹が呆然と立ち尽くしていた。

 

「あと少しだったんだが、ブレーキ壊れちまった」

 

見ると、ネジが無くなり、不自然にリアが壊れていた。

 

「後な、あのゴーストライダーの噂、知ってるか?」

 

俺はゴーストライダーの話は浩樹から聞いていたので、それ以上は知らない。

 

「この峠に出るゴーストライダーってのはな、首無しライダーのことらしいんだ」

 

峠を出たところにはバイク屋があり、夜だというのに頼むと開けてくれた。

 

壊れたリアブレーキを見せると、バイク屋のおっさんが話し始めた。

 

「やっぱな、この時期は多いんだよ。首無しライダー、だろ?」

 

俺たちの顔を見て息を吐くと、おっさんは話を続けた。

 

「あのカーブの後な、お前がブレーキ壊された後のカーブな、ガードレールが凹んでて、すげえ危険なんだ。首無しライダーに感謝しろよ。崖から落ちたら死んじまう。ハハハ」

 

おっさんは笑ってそう話した。

 

そして去り際、おっさんはさらにこう言った。

 

「次は首無しライダーに止められないライテクつけてから出直しな」(ライテク = ライディングテクニック)

 

次の週、俺たちはまたその峠に向かった。

 

今回は勝負ではなく、ガードレールを見るために。

 

確かにガードレールは凹んでいて、少しでもスピードを出し過ぎると崖下へ一直線だ。

 

ガードレールの下には花が置いてあった。

 

俺たちはしゃがみこみ、ガードレールを見つめた。

 

すると、ガードレールの裏側に何か書いてあることに気がついた。

 

『今度こそ追いついてやる』、『ブレーキ壊すなよ』。

 

そんな文言がたくさんある中、一際目立つ一文を見つけた。

 

『ありがとうございました。○○』

 

この○○には名前が書いてあり、日本を代表するレーサーの名前だった。

 

俺たちはバイク屋のおっさんに詳しい話を聞きに行った。

 

ガードレールの裏を見たことを言うと、快く話し始めてくれた。

 

「こっちこい」

 

倉庫の片隅に案内され、おっさんはシートをめくる。

 

そこには真っ黒な壊れたバイクが横たわっていた。

 

「お前が見たの、これだろ」

 

浩樹が頷く。

 

「俺の常連客でな、死んじまったんだよ。未だに幽霊で走ってるらしいけど、カーブから先には付いて来ねえんだと」

 

おっさんは今にも泣きそうだった。

 

その倉庫内に○○とおっさんが一緒に写っている写真を見つけ、おっさんにガードレール裏の文言の話をしてみた。

 

「あぁ、知ってるよ。○○もブレーキ壊されたって言ってウチに来たんだ。ただな、ガードレールの裏を見りゃわかるが、○○は勝ったんだよ。○○がカーブを終えたらな、バイクもマフラーの音も消えたんだと」

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ