その人がはっきりと見える位置に来た時

ハイビーム

 

夜23時に仕事が終わり、車で帰っていた途中のこと。

 

自宅の少し手前にある直線道路に差し掛かった時、いつも点いてる街灯が何故か全部消えていた。

 

そこでまず気味が悪くなり、車のライトをハイビームにした。

 

すると、道路の左側に“何か”があるのが見えた。

 

元々そこには祠のようなものが建っていて、毎日そこを通っているから見慣れているのだが、その日はその祠の横に何かがあった。

 

だんだん近付くにつれて、それがどうやら人だということが分かった。

 

それで、「なんだぁ~人か~」と私は少しホッとした。

 

・・・が、いよいよその人がはっきりと見える位置に来た時、背筋がゾゾゾッとなった。

 

その人はピクリとも動かない。

 

道路に背中を向けた状態で、両腕が脱臼したかのようにブラーンと下に垂れ、頭もガクッと垂れて前のめりに。

 

それに、顔がまったく見えない。

 

髪が長くて頭を垂れているからか、髪が顔全体を隠してしまっている。

 

その横を通り過ぎた後、バックミラーで3回確認して、そして4回目を見ようとすると消えていた街灯が全部点いた。

 

再度確認すると、そこには誰も居なかった。

 

それからは、その道を夜は通らないことにしている。

 

しばらくは思い出してなかなか寝れなかったが、こっちに振り向かれなくて本当に良かったと思っている。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ