田んぼに石を投げ入れた直後に失神

田んぼ

 

これは、何歳の頃かも忘れてしまった幼い日の出来事。

 

あなたは『山や田んぼには神様が住んでいる』という話を聞いたことがありますか?

 

私の生まれた町では、お百姓さん達からそんな話を聞かされて育ちます。

 

ある日、私は幼馴染のシゲオ君(仮名)と二人で、彼の家の近所にある神社裏手の田んぼの畦(あぜ)で遊んでいました。

 

親からは「明るいうちに帰っておいで」とキツク言われてはいましたが、楽しい時間はあっという間に過ぎ、辺りが薄暗くなってきてしまった時にそれは起こりました。

スポンサーリンク

投げ込んだはずの石が

苗の植えられている田んぼの水面が鏡のように調い輝いて、その中では怒り心配している私とシゲオ君の母、そして近所に住んでいる同級生の母が映っていたのです。

 

それに、三人の母たちの会話まで聞こえていた記憶があります。

 

早く帰らないと酷く怒られると思った私たちは、急いでシゲオ君の家の前まで駆けて行きました。

 

そこには水面に映ったのと同じ服装、構図の母たちの姿がありましたが、なぜか不思議には思いませんでした。

 

しばらく経ったある日、田んぼに石を投げ込む遊びをしたことがありました。

 

まだ苗の植わっていない田んぼは見晴らしが良く、大きな石を投げ込むと、爆発するように泥と水飛沫を上げることから『爆弾投げ』と呼ばれていました。

 

その年、私の家の前の田んぼは『神田』となっており、お神酒と注連縄で飾られていました。

 

※神田(しんでん)

神社の祭祀などの運営経費にあてる領田(寺社領)のことをいう。また、その田の収穫から神社に一束の稲穂をお供えする。

 

その神田に向かって、私たちはいつもの年のように大きな掴みやすい丸めの石を選んで投げ込むことにしました。

 

田んぼを囲む注連縄がまるでプロレスのリングのようで、幼い心に特別な思いを抱かせたのでしょう。

 

私は石垣に隠しておいた、模様の入ったお気に入りの宝物の石を投げることにしました。

 

石の大きさは、たぶん大人の握りこぶし位だったと思います。

 

私は一番乗りで石を投げ、その石は放物線を描いて水面へ。

 

しかし、大きな水飛沫が上がった瞬間、私は頭に強い衝撃を受けて意識を失いました。

 

目が覚めると、そこには母と友人たち。

 

そして近所の医院のお爺ちゃん先生が覗き込んでいました。

 

「この石が頭にぶつかったんだよ」

 

そう聞かされて先生が見せてくれた石は、確かに自分が投げ込んだはずの宝物の石だったのです。

 

周りの人たちにそのことを訴えると、皆が急に押し黙り、その後は両親に連れられて神社と田んぼにお供えをしに行った記憶があります。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ