ある音で目が覚まされる奇妙な山小屋

山小屋

 

これは、知り合いの話。

 

彼の実家は山奥にあるのだが、そこには『奇妙な山小屋』があったという。

 

その山小屋は里の皆が協力して作った仕事場で、山に入る者に限り自由に使うことが許されていたらしい。

 

そこで寝ていると、明け方、ある音で目が覚まされることがあるのだと。

 

トントンと包丁でまな板を叩くような、小気味の良い音。

 

しかし起きてみると、炊事場代わりの土間には誰の姿もない。

 

里ではこの音のことを「青菜切り」とか「青物切り」と呼んでいたそうだ。

 

この音を聞いた者は結婚願望が強くなるようで、遠からず嫁をもらうのだという。

 

昔は里に永く独り者でいる男がいると、ここに強引に寝泊まりさせたのだとか。

 

一種の縁結びの神様的な扱いをされていたと聞く。

 

この青菜切りという怪は人に憑く性質があるらしく、これを聞いた男が結婚して所帯を持っても、誰も居ないはずの台所でトントンと聞こえることがあるそうだ。

 

「お節介な存在だよなぁ」と言っていた彼は、まだ独身である。

 

「そこに泊まってみたら?」と言う私に、「うーむ」と難しそうな顔をした。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ