山小屋に残された1足の古い登山靴

靴

 

これは、後輩が体験した少し奇妙な話。

 

夏と秋、山小屋でアルバイトをしていた後輩が下山してきた。

 

朝から晩まで追い回されるように過ごし、ほんの少しの山歩きを楽しんだらしい。

 

その山小屋は、夕方ともなると宿泊する登山者で満杯になり、靴が整然と玄関付近を埋め尽くす。

 

無論、整然と靴を並べるのは我が後輩の役目だ。

 

指名されたわけではないが、なんとなく後輩の役目になってしまった。

 

靴を各自で保管すれば良さそうなものだが、小屋の主人の方針で、客の靴は玄関に並べておく。

 

翌朝、客が出かけ始めると、玄関から靴が消えていく。

 

ある朝、全ての宿泊客が出払った後、靴が1足だけ残されていた。

 

随分と年季の入った古い登山靴だった。

 

昨夜、これがあっただろうか?と思い返しても、はっきりしない。

 

覚えきれないほどの人数が泊まれるような施設ではないのだが・・・。

 

小屋の主人に声をかけ、靴を見に玄関へ戻ると、すでに靴はなかった。

 

翌朝、彼の忙しい1日が始まり、宿泊客の出発が一段落し、せわしない1日の中でも時間の流れが少しだけゆったりする頃、玄関の掃除を始めようとする彼が見るのは『昨日と同じ靴』だ。

 

小屋の主人を呼びに行った。

 

無論、2人が戻る時には靴など残っていない。

 

3日目の朝もその靴はあったが、もう彼は主人を呼びに行かなかった。

 

小屋の主人を連れて来ることが、靴の主を追い立てる行為に思えたからだ。

 

数日後の朝、客が出払った後の玄関に、その靴はなかった。

 

代わりに、食堂のテーブルに彼宛の封筒が置かれていた。

 

封筒を開くと、しわくちゃの千円札が1枚入っていた。

 

「客からの心付けだから取っておけ」

 

主人にそう言われた彼は、千円札を財布に入れた。

 

その千円札に印刷されている人物は『伊藤博文』だった。※千円札の肖像に伊藤博文が使われていたのは1963年~1986年までで、この話は2005年頃の体験談。

 

そして、あの靴と同じくらい年季が入った古い札だった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ