ある番号に電話をかけると呪われると盛り上がり・・・

公衆電話

 

これは、ネット上の某スレッドで『ある番号にかけると呪われる』と祭り状態になった時の話。

 

もう2~3年前になるが、俺と妻でそのスレッドにリアルタイムで参加していた。

 

結果、「家からではなく近所の公衆電話からかけてみよう」となり、夜中の2時頃、俺一人で家から徒歩3分くらいの場所にある公園へ電話をかけに行った。

スポンサーリンク

連れて来ちゃったね

そして無事に電話をかけ、家に帰ってからの嫁と会話する。

 

「かけてきた~?」

 

「おう。でも電話よりさぁ、小さい子が一人でブランコに乗っててビビったわ

 

「おかしくない?」

 

「えっ?何が?」

 

「いや、今の時間を考えてよ」

 

「・・・・・・」

 

言われて見れば、子供が一人で遊ぶ時間ではないと気付いてパニックに。

 

「もしかして幽霊じゃなくて虐待?!」

 

いや、でも楽しそうに乗っていたし、あまりにも自然だった。

 

「もう一回見て来てよ。もし虐待だったら大変だよ」

 

そう嫁が言ったその時、トン・・トン・・と家のアパートの階段を上がる音がした。

 

子供が上がってくる足音のようだった。

 

嫁と二人で固まっていると、その足音の主は我が家の外窓をノックした。

 

もう本当にパニック状態の俺。

 

その横で異常な程に冷静な嫁。

 

そして、「良かった~。虐待じゃないんだ。でもアンタ連れて来ちゃったね」と嫁が言う。

 

さらには、普段からそういうモノを見たり感じたりする嫁は強かった。

 

そっと窓の側へ行って様子を見ると、「どっか行けっ!!」と一喝した。

 

すると、霊感の無い俺でも感じるくらい、何か空気が変わった。

 

嫁曰く、「こちらが強気だと大抵居なくなるよ」だそうだ。

 

それ以来、我が家ではオカルト的なものには面白半分で関わらない、という家訓が生まれた。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ