見る人によって顔が変わる仏様

仏様

 

これは、ある『石』にまつわる不思議な思い出話。

 

その昔、同僚と3~4人で山に登った時のこと。

 

なだらかな山道を皆でワイワイ言いながら歩いていたところ、路傍に大きな岩があり、その平らになった表面に仏様が彫ってあった。

 

長年の風雨にさらされて、表情もなんとか目鼻立ちが分かるぐらいになっていた。

 

ふと、ほぼ線だけだけになった目鼻の顔を見ていると、急に何とも言えないような心を潰される気持ちになってきた。

 

そしてその顔が、次第に表情を持ち始めたように見えてきた。

 

しかも、それが最後まで和解することなく死に別れた”父の顔”に見えてきたのだ。

 

下山後、同僚の一人が「あの仏様、昔に死んだ友達に見えた」と言うや他の同僚も、ある者は「死別した母に見えた」と言い、またある者は「可愛がっていた犬に見えた」と言う。

 

皆驚いていたが、そんなこともあるのだろうということで終わったが、ある時に同じような体験をした人に会った。

 

しかし、その人が見たのは「夕暮れ迫る闇の中で、目が赤く光り、何とも言えない禍々しい悪鬼の顔だった」と言う。

 

あの仏様が『仏』なのか『魔』なのか、今も分からない。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2021年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2019年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2019年・怖い話ランキング20
(2018年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ