山道で感じた気配と傷口の治り

山道

 

これは、友人が体験した不思議な話。

 

夜中に一人、家へと続く山道を歩いていた。

 

その時、彼の左腕には包帯が巻かれていた。

 

数日前に出張先で火傷を負ったのだ。

 

気分は冴えなかったが、それは必ずしも怪我のせいだけではなかった。

 

「その夜は、道の雰囲気自体が奇妙だったんです」

 

そう彼は言う。

 

何かに見つめられているような、後を付けられているような、そんな気配があった。

 

途中何度も足を止め振り返ってみたが、辺りには何も動くものはない。

 

それなのに、いざ歩き始めると背後の此処彼処で怪しい気配が湧く。

 

気持ち悪く思いながら、足早に家へと急いだ。

 

無事に家へ辿り着いた時は、心底ホッとしたそうだ。

 

部屋着に着替えてから包帯を替えようと古い布を解くと、激痛が走った。

 

痛っ!・・・おかしいな、治りかけて痛みも引いていたのに・・・。

 

傷口を確認してギョッとした。

 

火傷で痛んでいた腕の皮膚が、剥かれたように綺麗に失くなっている。

 

ピンク色の肉が、薄く汁を吹いていた。

 

不思議なことに、かなりの範囲で皮膚が剥けていたにもかかわらず、傷口の治りは非常に早かったという。

 

診てもらった医者が不思議がるので、山道で感じた気配の話をしてみた。

 

「・・・というわけで、あの夜に僕の後を付けてきた何かに、この皮を剥かれたような気がしてならないんですよ。考えると有り得ない話ですけど」

 

医者はしばらく考え込んだ後、こう言った。

 

「恐らく狐でしょう。ここいらに棲んでいる輩は、人皮を焼いたのが大好物だと昔から聞ききますし。治りが早いのは、狐なりに気を遣ってくれたのかも」

 

「何と!僕はあの夜、狐に化かされていたのですか!?」

 

思わず唖然としたそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ