茂みの中にぽつんと立っている美人な女性

葦

 

これは、知り合いの話。

 

配達業をしていた彼が、よく通っていた山道があった。

 

その山道は途中で川と面しており、葦(アシ)の生い茂った砂洲が見える。(砂洲とは、流水によって形成される砂の堆積構造のこと)

 

いつの頃からか、その葦の茂みの中に女性が立つようになったのだという。

 

彼が言うには、腰までの黒い髪に白いワンピース姿で、かなりの美人だったそうだ。

スポンサーリンク

彼女が立っている辺りは昔・・・

最初は怪訝に思っていた彼は、そのうち彼女を眺めるのが楽しみになった。

 

なぜか夕刻にしか現れないのが気にはなったが。

 

ひと月ほど経つと、彼女の方も彼を意識したらしい。

 

彼が通ると微笑みかけるようになったのだ。

 

彼は手を上げて挨拶を返し、すっかり有頂天になっていた。

 

「次は車を止めて、直接話しかけようと思うんだ」

 

ドライバーの仲間うちで飲んだ時に、彼はこう打ち明けた。

 

しかし仲間たちは皆、困ったような何とも言えない顔をした。

 

「車から降りるのは止めた方がいいよ、絶対に」

 

「どうしてさ?」

 

仲間たちが渋々といった感じで順番に口を開く。

 

「その彼女が立っている辺りな、3年前まで小さな火葬場があったんだ」

 

「一番近い民家でも山ひとつ向こうなのに、彼女はどこから来てるんだ?」

 

「砂洲へ渡る橋も、今は落ちて無くなっているはずだよ」

 

皆の酒を飲む手が止まっていたという。

 

それ以来、彼は夕方にその山道を通るのを避けていた。

 

しかしある夜、急な配送が入って、仕方なく彼はこの道を通ることにした。

 

もう何も出ないだろう、そう高を括っていたせいもある。

 

砂洲の辺りまで差しかかり、彼は悲鳴を上げそうになった。

 

暗黒の中に、白い立ち姿がぽつんと浮かび上がっていたのだ。

 

ライトも届いていないのに、なぜかくっきりと見えたのだという。

 

急いで通り過ぎようとする彼に向かい、彼女は顔を上げた。

 

目元は見えなかったが、口元は怒りに歪んでいるのが分かった。

 

人間のものとは思えない、鋭い尖った犬歯が覗いていた。

 

すると、いきなり彼女は走り出し、葦の中を車に並んで付いて来る。

 

アクセルをベタ踏みすると、その姿はあっという間に小さくなって背後の闇に消えた。

 

幸い、彼女はどうやら川を渡れない存在らしかった。

 

彼は金輪際、その山道には近寄らないことにしたそうだ。

 

次に逢ってしまうと、何かもう酷いことになりそうな気がするのだという。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2021年4月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2019年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2019年・怖い話ランキング20
(2018年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ