絵画を見てからおかしくなった友人

絵画

 

俺がまだ小学生の頃だったと思う。

 

多分、3~4年生。

 

校外学習だったかなんだかで、

バスに乗って美術館へ行った。

 

美術館に着いて一通り順路を回った後、

 

指定された時間まで各々自由に

見て回って良いと言われたので、

 

仲の良い友人数人で回ることにした。

(確か自分含めて4人ぐらい)

 

最初のうちは楽しかったんだけれど、

俺は正直途中で飽きてきて、

 

「早く帰りてぇ」なんて言っていた。

 

他の奴らも大体同じみたいで、

お互い「帰りたい」と言い合っていた。

 

だけど、友人の一人(Aとする)が、

そいつだけは真面目に絵を見ていた。

 

なんだかんだ言っても、

美術館から出ることは出来ないし、

 

結局みんなしてAの見たい所を

付いて回る形になっていた。

 

俺達はダベりながら絵を見ていたら、

Aが立ち止まって動かなくなった。

スポンサーリンク

その絵は明らかにおかしかった・・・

それまでは立ち止まっても、

 

またすぐに歩き出して

他の絵の所に行っていたのに・・・

 

確か、『●●●●の烏』

というタイトルだったと思う。

 

(カラス)という部分だけ覚えていたのは、

 

その時は烏という字が読めなかったのと、

その絵に烏が描かれていなかったからだ。

 

そりゃ、絵のタイトルに入ってるものが、

必ずしも絵に描かれている訳ではないと思う。

 

だけど・・・

その絵は明らかにおかしかった。

 

風景画のように、

 

湖とその周りの景色が描かれている端に

奇妙なものが描かれている。

 

一本の木から紐のようなもので

吊されている黒いもの。

 

何なのかははっきりしないけれど、

なんとなく人の形をしているようにも見えた。

 

少なくとも、烏には見えなかった。

 

俺は、「なんか気持ち悪い絵だなぁ・・・」

ぐらいにしか思っていなかったし、

 

他の奴らはちゃんと見てすらいなかった。

 

Aはずっと動かないし、

声を掛けてみても生返事。

 

ちゃんと絵を見ていないとはいえ、

 

いつまでも同じ場所に止まっているのは

余計に退屈だった。

 

そう思って、Aに声を掛けた後、

他の友人達と別の場所を見ることにした。

 

しばらく見て回った後、

 

座れる所があったので、

座って時間を潰すことになった。

 

その場ではくだらない話しかしなかったと思う。

 

そろそろ時間だという頃、

集合場所に向かっているとAの姿を見つけた。

 

なんと・・・

Aはまだあの絵を見ていた。

 

別れてから10分くらいは経っていたはずだ。

 

Aに「そろそろ集合場所に」と告げると、

 

またも生返事だったものの、

絵から離れて一緒に集合場所へと向かった。

 

その日はそれで終わった。

 

帰りのバスの中でAはいつも通りだったし、

俺は大して気にしていなかった。

 

校外学習が終わった次の日、

 

作文用紙を渡され、

昨日の感想を書けと言われた。

 

俺は「とても楽しかった」だのありきたりな

ことを書いて適当に仕上げた。

 

一緒に絵を見た友人達はみんな書き終えた。

 

だけど、Aだけは時間内に書き上がらず、

家でやってくるように言われた。

 

次の日、

 

昨日に書き終わらなかった人達が

作文を出した。

 

Aは出さなかった。

 

また次の日、

 

この日は締め切りとされていたが、

Aと不真面目な生徒何人かは出さなかった。

 

この時点で俺は違和感を感じていた。

 

Aは普段から真面目な奴で、

宿題を忘れたことも一切なかった。

 

それに、

普段の態度も少しおかしかった。

 

なんだかボーっとしていて、

いつものAとは程遠かった。

 

そんな状態が一週間くらい続いた。

 

そんな時、

Aは俺に相談してきた。

 

「あの日に見た烏の絵が頭から離れない」

 

と言う。

 

俺は正直そんな絵のことは忘れていたし、

 

Aがあまりに深刻そうにしていたので、

どうしたらいいのか分からなかった。

 

結局のところ、

その時どうしたかはあまり覚えていない。

 

月並みな言葉を掛けただけだと思う。

 

それからまた数日経つうちに、

Aはどんどんおかしくなっていった。

 

授業中に一人でブツブツ喋ったりしていた。

 

保健室に行くことも多くなった。

 

俺も友人達も、

Aとはあまり遊ばなくなった。

 

そして・・・

ある日それは起こった。

 

授業の途中にAは急に倒れた。

 

椅子から転げ落ちて、

体をガクガク震わせていた。

 

教室がざわつく中、

俺とAの目が合った。

 

すると、Aが叫びだした。

 

が、ほとんど聞き取れなかった。

 

その後、

Aは先生に運ばれて保健室に。

 

授業は自習になった。

 

しばらくすると救急車が学校に入って来た。

 

教室の窓からは、

 

Aらしき人物が担架で救急車に

乗せられるのが見えた。

 

それきり、Aは学校に来なかった。

 

病院に入院したとも聞いたが、

詳細は分からない。

 

そして学年が変わる頃、

 

先生がAの転校を告げてからは

何も耳にしていない。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ