宙に浮いていた素足を見上げると

足

 

これは僕が学生の頃、都内の某ビジネスホテルで警備のアルバイトをしていた時の恐怖体験話。

 

業務の内容は、ホテル従業員が仮眠をとる深夜0時から朝の5時までの簡単なフロント業務と見回り、門限過ぎに戻って来る泊り客に通用口を開けてあげる、など。

 

ある日、台風の接近で激しい豪雨になった。

 

こんな夜は宿泊客も外出を控えるもので、業務を引き継ぐ際に、朝までゆっくりしてられそうな気がした。

 

僕はカウンター前のソファーに体を沈め、うつらうつらしながら巡回時間まで休んでいた。

 

飛び込みの客もないだろうし、外出中の客もいなかった。

 

激しい雨音に耳が慣れた頃、ハッとして目が覚めた。

 

どうやら少し眠ってしまったらしい。

 

表玄関の方をちらっと見ると、“人がいる”

 

座り込んでいるのか。

 

少しただならぬ感じがして、僕は玄関の鍵を取りにフロントに戻った。

 

いつもならその横にある通用口に案内するのだが、時々正体をなくすほどの酔客もいるからだ。

 

しかし、鍵を持って振り返ると、玄関に人影はなかった。

 

とりあえず歩いてそこまで行き、鍵を開けて辺りを伺うが、誰もいない。

 

仕方なく自動扉のシリンダー錠をかけ、ゆっくりと扉を閉め、フロントに戻ろうとした時、『宙に浮いた素足』が目に入った。

 

僕は顔を上げると同時に、ストンと腰が抜けた。

 

天井に頭を押し付けるような格好で、白い服を着た女性が浮遊していたからだ。

 

長い黒髪が顔を覆い、表情は見えない。

 

こちらを見ているのかもわからない。

 

すると、女性は突然体を反転させ、天井に頭を擦りつけるようにカウンターの方へ移動した。

 

そしてエレベーターホールに向けて再び体を反転させ、こちらの視界から消えた。

 

その間、1分もなかったと思う。

 

「幽霊を見た!?」と我に返るまで、その場から動けずにいた。

 

深夜3時頃だったが、僕は構わずフロアの照明をつけた。

 

そして友人に電話をかけ、今起きたことを興奮気味に喋り倒した。

 

その間、ずっと鳥肌が立っていて、震えも止まらなかった。

 

結局、その日の勤務をもってこの仕事を辞めたのだが、警備会社の上司は「そうか、見ちゃったのか・・・」と言って、僕の突然の退職を引き止めはしなかった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2021年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2019年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2019年・怖い話ランキング20
(2018年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ