ホテルの監視カメラに映ったもの

監視モニター

 

これは、以前働いていたホテルでの話です。

 

ホテルは24時間営業ですが、館内にあるレストランは深夜に閉店作業となります。

 

22時に閉店し、23時には清掃も終わり、売上を金庫にしまうのが24時。

 

金庫はホテルの事務所にあるので、金額確認をレストランの責任者と済ませ、サインをして金銭をしまいます。

 

ある日、24時を回っても売上があがってきませんでした。

 

そんなことはよくあることで、レシートの合計とドロワー(レジ)の現金が合わないとか、新作の試食会を夜中にやっていることも。

 

確認のため事務所にある監視カメラをレストランに切り替えると、テーブル席の方で何かが動いていました。

 

監視カメラは普段4分割で厨房、レジ、テーブル席1、テーブル席2が1つの画面に表示されており、テーブル席2が店の一番奥、厨房から最も離れた位置になります。

 

画面をテーブル席2に切り替えると、そこで赤いワンピースを着た女性がバタバタともがいていました。

 

お客様が残っているのに何してる!

 

私は急いでレストランに向かいました。

 

しかし、ドアを開けると誰もいません。

 

奥の厨房は明かりが点いていて、「今日は締めが私だけなのよ。遅くなってゴメンね」と年配の女性スタッフ。

 

私は少し考えてから、「ドアを空けておくね。何かあったら事務所に来て」とだけ伝えて戻りました。

 

なにしろ客席の辺りは真っ暗で、たとえ誰か居たとしても見えるとは思えなかったからです。

 

事務所に戻ってもう一度、監視カメラでレストランを見てみました。

 

4分割された画面のどこにも異常はありません。

 

ただ、テーブル席2は真っ暗でした。

 

気にはなりましたが仕事も残っていたので、いつも通り数秒おきに画面がロビー、レストラン、売店、通路、事務所に切り替わるように設定し直しました。

 

そして事務所が映った時に、私の頭のすぐ後ろに赤いワンピースを着た女性が映ったのです。

 

私の後ろにピッタリと。

 

振り向かなくても気配も感じました。

 

怖がらずに笑顔で接する!私は接客のプロ!

 

そう思い、満面の笑顔で振り向きました。

 

すると、「キャー」と声がして消えてしまったのでした。

 

夜勤のパートナーに監視カメラに映った幽霊がいた話をしたところ、「あなたは見えてなかったの?いつもいるよ」と、平然と言ってのけました。

 

そのパートナーは元自衛官で、冗談言うタイプではありません。

 

「え?何?見えちゃう人?」と聞くと、「昔からよく見てたよ。そのせいで前職は辞めた。このホテルにいるのなんかかわいいもんだよ」と。

 

確かに、あの「キャー」はね・・・。

 

でも、かわいい?

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ