笑われ続けた3年間の最後の日に

カラス

 

これは、趣味でサックスを吹いている同僚の話。

 

高校に進学してから”女にモテたい”という清々しい理由で吹奏楽部に入って以降、ずっと続けている。

 

故郷にいた時は裏山で練習していた。

 

家から20分ほど登った、谷を見下ろす岩場が彼の練習場所。

 

子供の頃からの遊び場だったらしい。

 

始めの頃は練習する度に笑われてたよ、と彼は教えてくれた。

 

田舎のカラスは頭が良くて、人の笑い声やラジオの声を真似るらしい。

 

カラスに笑われながら3年間、裏山で練習した。

 

大学への進学で故郷を離れることになり、引っ越し前日にも練習しに裏山へ行った。

 

帰る時、いつものように「ハハハハハー」という笑い声が聞こえた。

 

最後までこれかよ・・・と苦笑していたら、「カバレヨー」と言われた。

 

「まいるよなぁ、不覚にもカラスに泣かされそうになったよ」と彼は言う。

 

それって本当にカラスだったのか?とは聞けなかった・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ