自室のパソコンの前に誰か座っている

パソコンをする人

 

これは、去年の夏頃に体験した話。

 

大学から帰宅し、待っていた猫と一緒に2階の自室に入った。

 

すぐにパソコンとエアコンを起動する。

 

パソコンが立ち上がるまで3分近くかかるので、その間に1階のキッチンでコーヒーを淹れる。

 

そしてコーヒーを持って階段を上がっていると、自室から「ピピピピピピピ」と警告音が聞こえてくる。

 

また猫がキーボードに乗ったのかな?と思いつつ中に入ると、パソコンの前に誰かいた

 

椅子に座っている。

 

パソコンを置いてある机は、扉から背を向ける形で配置してあるので顔は見えない。

 

だが、家族ではないことはすぐわかった。

 

両親は1階でテレビを見ており、弟は北海道の親族の元へ遊びに行っている。

 

そもそも背もたれを全部隠して、床の上でとぐろを巻くほどの長い髪の毛というだけで異常過ぎた。

 

耳障りな警告音が鳴り響く中、俺はじっと固まる。

 

猫はといえば、ベットの上で毛繕いしている。

 

(ああ、でも猫が警戒してないってことは危なくないってことかなあ・・・)

 

そんな風にパニックし過ぎて返って冷静に考えていると、そいつが動いた。

 

髪がざわっと波打ち、小刻みにガクガクと震えながら首が仰け反り始める。

 

もうこっちは怖すぎて声もでない。

 

ギシギシと椅子を揺らしながら、ゆっくりと上を向いて・・・。

 

でも動きは止まらずに、そのまま首の可動域を越えて逆さまの女の顔が見えた。

 

ごく普通の女の顔だった。

 

ぐちゃぐちゃになっているとか、恐ろしい形相になっているとか、そういうことは全くなく、きょとんとこっちを見て、「あ、すんません」と言った。

 

なぜか声は”おっさん”だった。

 

そしてそのまま、ふっと消えた。

 

まさしく煙のごとく。

 

警告音も一緒に。

 

俺はしばらく固まったままだったが、ウインドウズの起動音で我に返り、何もなかったのようにネットサーフィンをして就寝した。

 

部屋の明かりは消せなかった。

 

それから1週間は暗い所で眠れなかったくらい怖かったのだが、冷静にあの時の状況を思い出すと、なんだか妙に笑えてくる。

 

まず、なぜおっさんの声なんだ?

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ