お隣さんの家にいる無愛想な猫が

猫

 

これは、隣の家にいる猫の話。

 

名前をキクという。

 

キクはいつもそこん家の婆ちゃんに、畑へ行くにも寄り合いへ行くにもくっ付いていた。

 

でもキクは婆ちゃん以外には激しく無愛想で、他の家族にすらほとんど懐かないほど。

 

ある日、その婆ちゃんが突然亡くなってしまった。

 

それからはしばらくキクを見なかったけれど、ある晩に自販機でジュースでも買いに行こうと外へ出たら、あの無愛想なキクが擦り寄ってきた。

 

こんなのは初めてだった。

 

「婆ちゃんが死んで弱くなったのかキク?」

 

しばらく構ってやって、そしてバイバイしようと思ったけれど、キクは何処までも付いてきて離れてくれない。

 

とうとう家の中まで付いてきたので、胸が痛んだけれど締め出した。

 

しばらく玄関の外で鳴いていた。

 

「ごめんよ・・・」

 

翌朝、学校へ行こうと玄関を開けたら、キクが飛び付いてきた。

 

隣にいた母がそれを見ていて、「たまげたねえ!この無愛想が」と笑っている。

 

他の人間には相変わらず無愛想らしい。

 

そんな出来事を学校で話したら、友達いわく「あんた婆ちゃん背負ってるんじゃないの?こわ~い」と。

 

キクは今も私にべったり。

 

いつも縁側に可愛く前足をかけて私を見ている。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ