地下鉄の車内でウトウトしていたら

電車内

 

これは、もう20年近く前に家族が体験した話。

 

ある日、地下鉄の車内でウトウトしていたら、目の前を通り過ぎていく『男性の足元』が見えた。

 

その時は気にも留めないで、そのまま寝ていた。

 

しばらくして同じ方向からまた人がやって来たので、ふとその足元を見たら、さっき目の前を通り過ぎていった男性と同じ格好だった。

 

おや?と思ったが、偶然似た格好の人かも知れないと考え直して寝直そうとしたら、また同じ方向から人がやって来る気配を感じた。

 

今度は恐る恐るその足元を確認すると、やはり先程と同じ格好だった。

 

さすがにヤバイと思い、目を瞑って祈る気持ちで次の駅に着くのを待ったが、なかなか駅には到着しない。

 

その間にも人の気配は、何度も何度も同じ方向から現れては消えていったそう。

 

「顔を確認すればよかったのに」と私が言うと、「同じ状況でアンタにはそれが出来るの?目の前で立ち止まってこっちを見たらどうする?」と返されて、納得してしまった。

 

どの区間での出来事だったかは忘れたが、最寄り駅は円山公園。(札幌市営地下鉄東西線の駅)

 

当人が寝惚けていただけかもしれないが・・・。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ