後ろからケンケンと飛び跳ねる音

案山子

 

これは、知り合いの話。

 

彼の地元の山では、夕暮れ時になると”不気味なもの”が現れるのだという。

 

薄暗い山道を歩いていると、後ろからケンケンと飛び跳ねる音が近づいて来る。

 

振り向くと、一本足の真っ黒い影がこちらの後を追って来ている。

 

影は人の形をしてはいるが、酷く頭でっかちで、両手がやけにひょろ長い。

 

地元では『カタケンパ』と呼ばれており、案山子が化けたものとして恐れられていた。

 

というより、頑なに「アレは案山子だ」ということにしようとしていたものらしい。

 

ある時、気の強い若衆が「案山子などどこが怖いものか」と大見得を切って、カタケンパの出る山に向かったことがある。

 

しかし、幾ら待てども男は帰って来なかった。

 

しばらくしてから、追って来るカタケンパの数が「二体に増えた」という噂が流れた。

 

それからというもの、カタケンパに近づこうという者は出なくなったとか。

 

彼自身は、その山道を歩いたことはないという。

 

「たとえ片足が出なくとも、あそこは十分に気味が悪いから」

 

…なのだそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ