吹雪の山中で目にした有り得ないもの

雪山

 

これは、知り合いの話。

 

ある時、地元の山で遭難者が出た。

 

単独で山に入っていて、突然の大吹雪で山を下りられなくなったものらしい。

 

天候等の状況からして生存は厳しいと思われたが、二日後に無事保護された。

 

どうやって寒さを凌いだのか尋ねると、顔をしかめて答えたくない様子を見せる。

 

しつこく問い質したところ、おかしなことを言い出した。

 

「吹雪の中で彷徨っていると、唐突に“有り得ないもの”に出くわしたんです。赤い布団が雪の上にポッコリと盛り上がっている、そんな物体が目の前に。

 

コタツでした。

 

布団を捲ると、中はほっこりと暖かかったんです。だから必死で中に潜り込んで雪を避けたんですが。いつの間にか、つい寝てしまって・・・。

 

目が覚めると吹雪は止んでました。這い出してから下ってるところを皆さんに助けて頂いたと、そういう訳で。信じてもらえるとは思ってませんけど」

 

皆が何とも言えない顔をしていると、最年長の山男がこう漏らした。

 

「コタツで良かったなぁ。カマクラだったら山に取られてたぞ」

 

結局、コタツの話は聞かなかったことにして、この件は幕を下ろしたのだという。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ