この場所ではそういう約束だから

バス(魚)

 

これは、釣りにまつわる奇妙な体験話。

 

釣り仲間の桜井(仮名)と二人で、近場の山にある溜め池へバス釣りに出かけた。

 

先に釣り上げたのは桜井の方だった。

 

中々の大きさだ。

 

しかし、桜井はそれをリリースすることなく、後ろの繁みの中へ放り投げた。※リリース=解放

 

「バスをリリースするの、嫌うタイプだったっけ?」

 

そう問い掛けると、「いや、この場所ではそういう約束だから」などと言う。

 

意味がわからずにいると、魚を投げ込んだ辺りから大きな音がした。

 

バリ、バリ、ガキ、バキン!

 

何かが硬い物を噛み砕き、飲み込んだような、そんな音。

 

「今の音、何?」

 

慌てて聞いたところ、次のような返事があった。

 

「いや、だからそういう約束というか決まりなんだ。

 

何というか、池の主への御裾分けみたいなもんだとでも考えてくれ。

 

実際に俺らって、バス釣っても食べないから構わないだろ」

 

桜井は、あくまで平然としていた。

 

最初は混乱していたが、一人だけ狼狽しているのも癪(しゃく)なので、桜井に倣って釣ったバスを後ろに放り投げてみた。

 

しばらくすると、やはり同じようなバリバリという大きな音。

 

ここはそういう場所なんだなと、何となく納得して釣りに没頭した。

 

一風変わったリリースを繰り返しながら。

 

帰り際、音のした辺りをちらっと覗いてみた。

 

バスは影も形もなく、ただ生臭いニオイだけがうっすら漂っていた。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ