暗闇の風呂場で見ちゃったモノ

友達の家に泊まった時に

コンタクトのケース忘れちゃって、

 

つけたまま寝た事があった。

 

起きたら凄く目が痛くて、

眼科行ったら「虹彩炎」との事。

 

症状は、とにかく光を見ると

目が痛い。

 

目を開けれないから

する事も無いし、

 

音楽聴きながら

ベッドで寝ちゃったんで、

 

夜中の3時頃、

目を覚ます。

 

電気の点いてない窓から入る

月明かりだけの室内が、

 

やけにハッキリ見える。

 

アレ?何だこれ、

と思ってカーテンを閉めても、

 

まだハッキリ見える。

 

瞳孔が開いてて、

 

暗闇でも目が見える様に

なったみたい。

 

妙に面白くて、

真っ暗な家中を歩きまわった。

 

映画とかでみる暗視ゴーグル

って言えば分かりやすいか。

 

誰かに教えるにしても

みんな寝てるしなぁと思って、

 

明るいうちに入れなかった

風呂に行く事に。

 

真っ暗な風呂場で服脱いで、

暗いままシャワー。

 

ずっとこのままなら困るけど

面白いだろうなぁと、

 

シャンプーしてたら

妙な物を見つけた。

 

目の前の鏡に何か映ってる。

 

暗闇・・・

風呂場・・・

背後・・・

 

後は分かるな?って、

頭の中が真っ白に。

 

リングや呪怨で

すっかりお馴染みの、

 

髪の長いお姉さんが

肩越しにこちらを見てた。

 

人間、暗闇だと

大きな声出せないのか、

 

目を合わせない様に

必死に頭流して、

 

身体は濡れたまま、

無言で部屋に戻った。

 

結局、眼帯して

目薬をまめにやってたら、

 

1週間もせずに治った。

 

眼科の先生が、

 

「虹彩炎は恐いですよ。

ちゃんと治しましょうね」

 

って、言ってたのが

忘れられない。

 

ほんと恐いですよ。

気を付けて下さい。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ