早朝の公衆トイレにて

友人から聞いた親戚(女性)の話。

 

夏が来れば思い出す、

某場所でキャンプ。

 

早朝、用を足すため

公衆トイレへ向かった。

 

時間も時間なので、

トイレはガラガラに空いている。

 

用を足し終え、

 

手を洗っている時に

ふと気がついた。

 

今まで自分が入っていたところ以外の

トイレのドアが全て閉まっている。

 

しかし、誰かが入ってくる

気配も音もしなかったし、

 

第一、こんな早朝に

トイレが全室埋まるはずがない。

 

恐ろしいものを感じ、

 

急いで帰ろうとする彼女は

更にあることに気づく。

 

ドアの下の隙間から見える足は、

全て赤いハイヒールだった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2020年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
アクセスランキング

このページの先頭へ