キャンプ場の女子トイレにて

友達がキャンプに行った時の話。

 

三人姉妹の友達は

妹がトイレに行きたいと言ったので、

 

姉と二人で付いて行って

あげることにしました。

 

トイレは古く、

 

入り口から正面に

洗面所と鏡、

 

そこから男子女子と分かれる

仕組みになっていました。

 

その洗面所の前に、

 

一人の女性が鏡を向いて

立っていました。

 

最初はキャンプに来ている

普通の女性かと思ったそうです。

 

しかし近づいてみると、

 

その女性の異様なことに

気づきました。

 

キャンプに来ているなら、

 

大抵の人はラフな格好で

居るはずです。

 

しかしその女性は、

 

真っ赤なスーツに白い大きな

帽子を被っているのです。

 

帽子はいいとしても、

スーツ・・・。

 

三人は怖くなりましたが、

 

どうしても妹がトイレに入りたい

と言うので、

 

女性に近づかないよう

壁伝いにトイレに入り、

 

用を足早に済ませると、

また壁伝いにトイレから出て、

 

そのまま走って両親の居る

テントまで戻ったそうです。

 

その間、女性は少しも動かず

ただ鏡の方を向いていた、

 

と友人は言っていました。

 

そんなことも2~3日過ぎると忘れ、

楽しかったキャンプは終わりを迎えました。

 

さぁみんなで帰ろうね。

 

そんな話を始めた頃、

妹が言いました。

 

「赤いおねえちゃん、夜来たよ」

 

帰り際に妹からそのことを聞かされて、

友達は震え上がったそうです。

 

本当にあったことだと聞いて、

すごく怖かったです。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ