得体の知れない誰かと一緒に

夜の山道

 

山仲間の話。

 

彼が友人である内藤君(仮名)と二人で夜の山を登っていた時のこと。

 

月明かりでボンヤリと照らされた山道を辿っていると、前を進んでいた内藤君がいきなり足を止めた。

 

「どうした?」と呼び掛けたが、返事がない。

 

彼は内藤君の肩に手を掛け、「おいどうしたんだよ、内藤ってば!?」と言って強引に振り向かせる。

 

しかし、その顔は全く見覚えのないものだった。

スポンサーリンク

気が付いたら二人で夜の山道を歩いていた

硬直した彼に向かい、そいつはニヤニヤヘラヘラと薄く嗤(わら)って答えた。

 

「内藤って誰だ?」

 

彼は悲鳴を上げると、後も見ずに逃げ出した。

 

背後から不気味な嗤い声が届いたが、幸いにも後は追って来ないようだ。

 

嗤い声は段々と小さくなっていく。

 

足下も確かでない山道を転びながら走っていると、唐突に誰かに抱き止められた。

 

「おい、何やってんだ!?」

 

彼を抱き締めて大声を上げる男性、その顔は間違いなく内藤君のものだった。

 

彼は我に返ると腰が抜けたようになってしまい、その場に崩れ落ちたという。

 

その直後、内藤君に聞かされた話。

 

「ふと目が覚めたら、隣の寝袋が空になっていてさ。雉(きじ)でも撃ちに行ったのかと思ったが、いつまで経っても帰って来ない。気になって捜しに出たら、上の方からお前が叫びながら走って下りて来たんだ」

 

そう聞かされて落ち着くと、ようやくまともに物事が考えられるようになった。

 

そうだった。

 

二人はこの少し下場にテントを張り、夕食と酒を楽しんでから就寝したのだった。

 

しかしそこまで思い出したものの、何故眠っていたはずの自分が寝袋を抜け出して、得体の知れない誰かと一緒に夜の山を登り始めたのか、全く記憶に無い。

 

気が付いたら二人で夜の山道を歩いていた。

 

先導する何者かを内藤君だと思い込んで・・・。

 

いや、思い込まされて?・・・。

 

二人して顔を見合わせたが、どちらの顔も白くなっていたという。

 

テントまで駆け戻ると、消していた焚き火を再び起こし、杖をしっかりと持って寝ずの番をすることに。

 

とても意識を手放す気にはなれなかった。

 

幸い、その後は何も変わったことは起きず、無事に朝を迎えた。

 

慌ただしく荷物を片付けると、予定を切り上げて一目散に下山したそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ