体の自由を奪われた代わりに得た能力

石塔

 

うちの親族は女だけが結構『霊感がある』家系のようで・・・。

 

中でも、私の叔母さんが一番ずば抜けている。

 

これは、そんな叔母さんがある日に突然倒れた時の話。

 

見舞いに行ったけれど、完全に寝たきり状態だった。

 

体も全然動かない。

 

頭はしっかりしているけれど、といった状態。

 

なのに、病院でどれだけ調べても「どこも悪くない」とのことで、親族皆で首を傾げていた。

 

そして不思議なことに、叔母さんは体の自由を奪われた代わりに、変わった能力が身についてしまった。

 

“予知”というのか”透視”というのか、その人を見ただけで、その人の人間関係がどうで、今日会った人間がどうで等々のことが、全て頭に浮かんでくるようになってしまったそう。

 

誰々さんは何日に市役所に行ったとか、あの人はいつ死ぬとか。

 

テレビを見ていても、この政治家は次の選挙に落ちるとか、そういうことを全て見抜いてしまっていた。

 

他にも、宮崎勤がちょうど捕まった時(1989年頃)、叔母さんは「この人の家族は可哀想に。お父さんは自殺して、お母さんは・・・」と、全て言い当ててしまっていた。

 

でも体が動かないのだから、そんな特別な能力も全然嬉しくない。

 

そんな生活がしばらく続いていた頃、叔父さんは考えた末にこう言った。

 

「そもそもあいつが倒れたのが突然すぎる。あの時に何かなかったか?」

 

叔父さんはその時、工事現場の跡地から『小さな石の塔を拾ってきた』ことにハッと気がついた。

 

叔母さんが倒れたのは、その直後だった。

 

すぐに叔父さんはその石の塔を元の場所に戻しに行き、よく祈って帰ってきた。

 

しばらくして、叔母さんは急に元気になり、寝たきり状態から回復した。

 

ただ、その超能力もどきのようなものも一切消えた。

 

怖いというより、不思議な出来事だった。

 

未だに時々思い出す。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ