心霊番組をバカにしていたら

テレビで心霊特集がやってて、

 

夕飯も食べ終って

家族でまったりそれを観てたんだ。

 

内容は訳ありの心霊スポットに、

 

霊能力者を連れて行って

現場検証してもらうっていう、

 

毎年やってるありきたりな

内容だったよ。

 

(どうせヤラセだろ?くだらねぇ)

 

なんて思いながら

観てたから、

 

かなり冷めた目で

俺はそれを観ていた。

 

女の霊能力者が自分の身体に

そこにいる霊を憑移させて、

 

付き添いが色々質問していた。

 

「あなたは誰?」

 

【だまれ】

 

「なぜここにいるの?」

 

【だまれといっとろうがぁあ!】

 

と言って、

付き添いに掴み掛かり、

 

慌てて周りの人が

押さえ付けると、

 

霊能力者はウウゥ~

っと唸って、

 

辺りをギラギラ睨んでいた。

 

家族があまりにも真剣に

観ているのがおかしくて、

 

「こいつ、馬鹿じゃねぇの(笑)

 

と言ってやった。

 

そしたら隣で見ていた妹が、

グルンって感じで俺を見た。

 

超、睨まれた。

 

『んだよ、邪魔者は消えろってか』

 

と思い、

 

番組も途中だったが、

俺は皆より一足早く寝てしまった。

 

何時間経ったかは分からなかったが、

俺は急に目が覚めた。

 

その日は、たまたま

北枕で寝ていた。

 

生まれて初めての

金縛りだった。

 

全身の血がザワつく

感じがした。

 

俺の足元に灰色の様な

白っぽいモヤが、

 

人の形をして

立っていたのだ。

 

しばらくその人の影を

見ていたら、

 

俺の部屋の足元側の壁が

まるでスクリーンのようになり、

 

何かが映り始めた。

 

さっきの俺だった。

 

ちょうど妹から見た

目線辺りで、

 

「バッカじゃねぇの?」

と言っている俺の映像が、

 

エンドレスでずーっと繰り返しで

映っているのだ。

 

俺は無我夢中でそのモヤに、

心の中で謝った。

 

気が付いたら

朝になっていた。

 

俺は昨晩の言動を

反省すると共に、

 

もう二度と心霊番組は見るまいと

心に誓った。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ