遮断機の音が近づいて来ている

大学に入ってから親元を離れ、

一人暮らしをしている。

 

もう四ヶ月経ち、

 

誰とも会話のない

一人だけの生活にも慣れた。

 

夜、電灯を消した

アパートの一室で、

 

布団に横たわり

睡魔が訪れるのを待つ。

 

何も考えず、

ただ薄い闇を見つめていると、

 

遠くから遮断機の音が

聴こえてくる。

 

寝静まった町に、

郷愁を掻き毟るような音が鳴り響く。

 

カァンカァンカァンカァンカァン・・・。

 

この辺には踏切りはない。

そもそも電車の走る時間ではない。

 

心なしか初めて聞いた時よりも、

音が近づいて来ているような気がする。

 

最近は早く寝るように

心掛けている。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ