遮断機の音が近づいて来ている

大学に入ってから親元を離れ、

一人暮らしをしている。

 

もう四ヶ月経ち、

 

誰とも会話のない

一人だけの生活にも慣れた。

 

夜、電灯を消した

アパートの一室で、

 

布団に横たわり

睡魔が訪れるのを待つ。

 

何も考えず、

ただ薄い闇を見つめていると、

 

遠くから遮断機の音が

聴こえてくる。

 

寝静まった町に、

郷愁を掻き毟るような音が鳴り響く。

 

カァンカァンカァンカァンカァン・・・。

 

この辺には踏切りはない。

そもそも電車の走る時間ではない。

 

心なしか初めて聞いた時よりも、

音が近づいて来ているような気がする。

 

最近は早く寝るように

心掛けている。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ