遮断機の音が近づいて来ている

大学に入ってから親元を離れ、

一人暮らしをしている。

 

もう四ヶ月経ち、

 

誰とも会話のない

一人だけの生活にも慣れた。

 

夜、電灯を消した

アパートの一室で、

 

布団に横たわり

睡魔が訪れるのを待つ。

 

何も考えず、

ただ薄い闇を見つめていると、

 

遠くから遮断機の音が

聴こえてくる。

 

寝静まった町に、

郷愁を掻き毟るような音が鳴り響く。

 

カァンカァンカァンカァンカァン・・・。

 

この辺には踏切りはない。

そもそも電車の走る時間ではない。

 

心なしか初めて聞いた時よりも、

音が近づいて来ているような気がする。

 

最近は早く寝るように

心掛けている。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ