家族以外の誰かが棲む家

我が家で実際にあった話。

 

15年くらい前・・・

 

弟が3歳、

私が10歳頃だったかな。

 

今は建て直しましたが、

 

当時は築30年くらいの

古い家に住んでいました。

 

昼間の父は会社へ、

私は小学校に行っていて、

 

母と弟としか、

その家の中に居ませんでした。

 

そしてその頃の弟は

ヤクルトが大好きで、

 

よく10本入れのパックごと持ち歩いて

飲んだりしていました。

 

そんなある日。

 

母がお昼ご飯を作ろうと、

台所で料理していた時。

 

仏間の方で遊んでいた

(もちろんヤクルト飲みながら)

弟が突然来て、

 

母にヤクルトを1本、

差し出してきたんだそうです。

 

いつもは絶対に自分から

くれることがないので、

 

『珍しいなあ・・・』、

と母は思いつつ。

 

母が「くれるの?ありがとう」と、

御礼を言うと。

 

弟は「だって、ちょうだいって、

言ったでしょ?」

 

と、言ったのです。

 

もちろん母は料理に

夢中になっていたので、

 

そんなことは言っていません。

 

ですが、

弟が言うには・・・

 

「あたしにもちょうだい?」

 

という、女の人の声が

聞こえたというのです。

 

だから母にヤクルトを

持ってきた、と。

 

そういえば、

 

あの家ではよく誰も居ないのに

2階から『ドンッ』という音がしたり、

 

階段を上っているような音(いつも上り)

したりなんだりしていましたので、

 

私たち家族以外の誰かが

棲みついていたのかもしれません・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ