中国地方にある吊り橋での出来事

吊橋

 

これは、私が大学時代に

彼から聞いた話なのですが・・・。

 

彼がバイト先の友人6人と、

 

中国地方某県某所の吊り橋へ

ドライブに行った時の事です。

 

その日、

 

彼らは車2台に分乗し、

出掛けたそうです。

 

彼は、後ろの車の

ドライバーでした。

 

前の車には

バイト先の店長と、

 

彼らのグループ内で公認の、

そして親さえ公認のカップル。

 

後ろの車には、

 

残りの彼を含む4人が

乗り込みました。

 

朝から出発したにも関わらず、

 

途中で色々と寄り道を

したおかげで、

 

目的地の吊り橋に到着し たのは、

 

もうすっかり日も陰った

夕闇時だったそうです。

 

山の中の深い谷に架かる、

吊り橋。

 

吊り橋が近づくと、

小雨が降りだし、

 

薄っすらと霧も

出て来たそうです。

 

吊り橋の手前は

広場になっており、

 

晴れていれば

そこに車を停めて、

 

歩いて吊り橋を渡り、

帰って来るはずでした。

 

(吊り橋の向こうは当時から

行き止まりになっており、

 

この吊り橋は観光用に

残されたものらしいです)

 

ところが、

 

広場まで来ると前の車が

急停止したそうです。

 

『???』

 

10メートルほど後ろで

2台目の車に乗っていた4人は、

 

なぜ店長が車を止めたのか

分からずに、

 

暫く固まっていたそうです。

 

しかし、

 

一向に動かす気配も

無いので、

 

彼が様子を見に行こうと、

ドアを開けかけた瞬間・・・。

 

前の車の後席に座っていた

友人のカップルが、

 

車から飛び出して来たそうです。

 

彼も驚いて車から降り、

 

「なんかあったんか?」

 

と叫んで近付こうとした

その時、

 

2人は手を繋いで

凄い勢いで走り出し、

 

広場の端のガードレールを

飛び越え、

 

そのまま谷に向かって

身を投げてしまったのです・・・。

 

彼らは驚いて、

 

ガードレールまで駆け寄り

谷底を見ましたが、

 

霧で何も見えなかったそうです。

 

呆然自失していた

彼ら4人も我に返り、

 

前の車の店長の様子を見に、

車まで戻りました。

 

店長は運転席でハンドルを

手が白くなるまでしっかり握り、

 

小声でぶつぶつと・・・

 

「行っちゃダメだ・・・行っちゃダメだ・・・

行っちゃダメだ・・・行っちゃダメだ・・・」

 

と呟いていたそうです。

 

とりあえず、彼らは

警察に通報しました。

 

警察がすぐに到着し、

 

すっかり正気をなくした店長は、

救急車で運ばれたそうです。

 

その後、

身を投げた2人は、

 

当然ですが死体となって

発見されました。

 

彼らは警察にしつこく

尋問されましたが、

 

結局、自殺(心中?)

という形になったそうです。

 

店長の見舞いに行った彼は、

 

あの時に何があったのか、

聞いたそうです。

 

店長が言うには、

 

突然、車の前に、

 

古風な着物を着た女の子が

霧の中から現れたそうです。

 

『危ない!』

 

と思って急ブレーキを踏んで

車を停止させると、

 

まるで時代劇か明治のドラマに

出てくるような格好をした、

 

おかっぱ頭の女の子が

なぜか笑っていたそうです。

 

こんな所に?と思うより先に

不気味に感じ、

 

逃げるか?と思った時、

 

車の周りを同じ様な

格好をした子供達に、

 

囲まれていることに

気付いたそうです。

 

『うわっ、ヤバイ!』

 

と思った店長は、

 

とっさにお経を口の中で

唱え始めたそうです。

 

車を囲んだ子供達は、

 

そのまま手を繋ぎ、

唄い始めました。

 

か~ごめ~か~ご~め~

か~ごのな~かのと~り~は~

 

その時、

 

店長の頭の中に

子供の声で、

 

「おいでよ、おいでよ、・・・」

 

と響いて来たそうです。

 

店長は、

 

行っちゃダメだ・・・行っちゃダメだ・・・

とハンドルを握りながら、

 

ひたすらお経を唱えたそうです。

 

その時、後ろの2人が

突然に車から降りると、

 

子供達と手を繋ぎ、

 

子供達と一緒に

走り出したそうです。

 

ガードレールの向こうの

谷に向かって・・・。

 

「こんな話、警察は

信じてくれねえしよお。

 

俺だって、もうあれが本当か

どうかなんて自信ねえよ」

 

と店長は最後に、

彼に言ったそうです。

 

その話を一緒に聞いていた

別の友人が、

 

「またまた~、

よく出来た作り話だなあ~」

 

と茶化すと、

 

彼は一言、

 

「本当だよ。

 

○○と××は、

それで死んだんだ・・・」

 

と言いました。

 

僕も本当だと思います。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ