2歳の息子が指差す天井

ベッドシーツを取り替えようと

した時の話。

 

ベッドの上で跳ねてはしゃいでいる

息子(2歳)が邪魔だったので・・・

 

「ちょっと、どいてー」

 

とベッドから降ろしたら、

息子は隣の部屋に走り込みました。

 

そこで、

 

この世の終わりと言わんばかりの

勢いで泣き出した。

 

転びでもしたんだろうと見に行くと、

きちんと立って泣いている。

 

じゃあ、

 

ベッドの上から降ろされたのが悔しくて

泣いているのだなと思い、

 

「分かったよ」

 

と抱き上げて寝室に連れ戻り、

ベッド中央に降ろした。

 

息子は振り返った途端、

 

ホラー映画ばりに「ギャーッ」という

大きな悲鳴を上げて、

 

窓側の天井を指差し、

何度も悲鳴をあげた。

 

私もとっさに、

その方向を見た。

 

何もない。

 

なのに息子は指差し、

悲鳴をあげ続ける・・・!

 

ぞっとして、

私は息子を抱き寄せた。

 

その方向から庇うように

息子を抱きしめると、

 

息子の悲鳴は止まった。

 

が、涙いっぱいの目で、

天井の方を凝視している。

 

1分にも満たないような出来事なのに、

息子の額は汗でびっしょり。

 

どうしたの?・・・

なにかあるの?・・・

 

と聞くと、

 

息子はその方向を

見つめたまま、

 

「いない、いない」

 

と呟いた。

 

母親的に通訳をすると、

 

今、この息子は「いなくなって欲しい」

と言っている・・・。

 

・・・何にだ?!

 

な、何に「居ない居ない」なの・・・?!

悪い人、居るの?

 

と聞いても、

 

その方向を見つめて

黙っている。

 

私が動こうとすると、

 

息子は「動くな」とでも言うように

私を掴み、

 

身体を密着させて、

離れようとしない。

 

なので、

 

息子を抱き抱えて引っ張るように

ベッドから降ろそうとすると・・・。

 

息子は凝視を続けたまま、

 

その方向に少しでも近付くまい

とするように、

 

壁に張り付くように

身をよじった。

 

息子を降ろすと、

 

息子はまた隣の部屋に

駆け込んで行った。

 

何があったわけでもないのに、

すごく怖いんですが・・・。

 

旦那とは別居中で、

家には私と息子の二人っきりだし。

 

寝室が恐ろしくて

寝そびれました。

 

息子は今、

しまじろうビデオを見てます。

 

でも、もう眠そう。

 

と言ってる間に、

私の膝で寝ちゃいました。

 

ああ・・・。

 

私の妹の息子(3歳)は、

 

ベッドの壁側で眠るのを嫌がるので

妹が理由を尋ねたところ、

 

「だってね、あそこね、

誰かネンネしてるね」

 

・・・って。

 

その話を聞いて、

 

おぉ~怖えぇ~!って、

妹をからかってたのだけど・・・。

 

ウチにもどなたか

ご在宅なのでしょうか・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ