怨念が強いクラスメイトの自殺

ある小学校にA子という

女の子が通っていた。

 

A子には親がいなかった。

 

そのことや容姿の悪さなどを

馬鹿にされていた。

 

元々おとなしい性格だったが、

 

嫌がらせが始まってからは、

さらに暗い性格になった。

 

それこそ、クラス生徒の皆で

嫌がらせしている様な状態で、

 

教師も知らぬ風だった。

 

そしてA子は自殺した。

学校の屋上から飛び降りて。

 

授業中に自分のクラスの

窓の外を落ちていった。

 

主犯格の子は偶然、

 

落ちていくA子と

目が合ってしまった。

 

その時A子は目をひんむいて、

凄い顔で笑っていた。

 

A子の葬式には、

 

いじめていた子達も、

それを黙認していた教師もやってきた。

 

皆心の中にやましさを感じ、

なんとなく居心地悪そうだった。

 

A子の葬式は

本当に寂しい葬式で、

 

学校関係者と少しの親戚しか

来ていなかった。

 

かわいそうなことに、

 

A子が死んでも心から悲しんでいる人は

誰もいなかったようだった。

 

それから2~3週間が経ち、

 

学校も生徒も、A子のことは

誰も話さなくなった。

 

元々性格の暗い子だったために、

忘れられるのも早かった。

 

そんなある日、

 

授業中、ある生徒が「ギャーッ」と

悲鳴をあげた。

 

その生徒は教師に、

 

「A子が・・・A子が・・・」

 

と、うわ言の様に

自分の見たものを伝え続けた。

 

教師は、A子をいじめていたことに

罪悪感を感じての事だろう、

 

とあまり気にしなかった。

 

が、その後も同じような出来事が続き、

終には信じざるを得なくなった。

 

教師も見てしまったのだ。

 

目をひんむいて、

凄い顔で落ちていくA子を。

 

教師は窓の外が見えないように、

外から板を打ち付けた。

 

窓も開かないくらいピッタリと。

 

そのため、このクラスは

昼間でも真っ暗になり、

 

陰気な雰囲気となった。

 

昼間から電気を点けなければ

ならなかったが、

 

生徒も教師も、

これでA子を見ずに済むと安心した。

 

それからしばらく経ったある日、

皆が暗い教室にも慣れてきた頃。

 

突然、『ガタン』と、

外に打ち付けてある板がたわんだ。

 

皆ギョッとして、

一斉に窓の方を見た。

 

教師も生徒も、

とんでもないものを見てしまった。

 

板と窓の間を、

凄い顔で落ちていくA子の姿を・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ