同級生が自殺したと聞いて

電車

 

随分と前のことになるが、中学の同級生が自殺した。

 

どうやら飛び降りらしい。

 

ほとんど関わりは無かったが、同じ中学を卒業したやつが自殺なんて・・・と思ってショックだった。

 

葬式にはニュース用のTVカメラも来ていて、「本当に来るんだな」と思って見ていた。

 

葬式の時に聞いた話だと、彼は駅のホームで人を突き落として死亡させ、刑務所に入っていたらしい。

 

出所後に、それが原因で自殺したのだろう、と。

 

殺人やら自殺やら、俺とは全く関係の無いものだと思っていたので、話を聞いた時は気分が悪かった。

 

それから数年が経って、中学の同窓会があった時に彼の話が出た。

 

話の流れだったか、彼と親しかったらしい友人がぽつぽつと話し始めた。

スポンサーリンク

少女は一体何者だったのか?

彼は、仕事が深夜に終わって終電で帰るような仕事をしていたらしい。

 

その日も彼は終電を待ってホームに立っていた。

 

すると後ろから、「尻尾の生えた姉妹の合い言葉な~んだ」と訊かれた。

 

後ろを振り返ると、小学生くらいの可愛らしい子供が立っていたそうだ。

 

(こんな時間に子供?)

 

そう思って周りを見渡したけれど、親らしき人は居ない。

 

するとその子供が、「尻尾の生えた姉妹の合い言葉な~んだ」と、また訊いてくる。

 

なぞなぞだと思って考えてはみたものの、全く答えが分からない。

 

「分からないなあ」

 

と彼が言うと少女は少し笑い、「それはね・・・」と呟いた次の瞬間、その少女は彼を前へ押した。

 

大した力が無くても、不意に押されたらしっかり立ってはいられない。

 

彼はよろめき、前へ並んでいた人に倒れ込んだ。

 

前に居た人はホームから線路に押し出され、ホームに入ってきた列車に轢かれて死亡した。

 

そうして彼は刑務所へ入ることになった。

 

友人の話が終わった頃には誰も喋らなくなり、しばらくシーンと静まり返っていた。

 

「そんなの、誰かが考えた作り話だろ。死んだやつに失礼だぞ」

 

そう誰かが言った。

 

確かに”人を殺した”という過ちがあっても、死んでしまったやつのことをこういう話に使うのはどうかと思う。

 

その日はすっかり冷めてしまい、俺は一次会でそそくさと帰った。

 

そして昨日、家に甥っ子が遊びに来た。

 

一緒にテレビを見ていたら、甥っ子が「なぞなぞをしよう」と言ってきた。

 

「尻尾の生えた姉妹の合い言葉な~んだ」

 

それを聞いた瞬間、あの同窓会の話を思い出して背筋がゾッとした。

 

それに答えるのも、答えを聞くのも嫌になり、自分の部屋へ逃げた。

 

中学生の間では、このなぞなぞが流行っているのだろうか・・・。

 

追記

おそらく、なぞなぞの答えは『おしまい』だと思われる。

 

『尻尾(お)+姉妹(しまい)=お終い』

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ