深夜の公園で見た老夫婦

その日、俺はいつものように

自転車で塾から帰ってくる途中、

 

近所の公園の前を通りかかった。

 

時計を見ると、

夜の11時だった。

 

その日は受験目前ということもあり、

 

塾の教師達に特にしごかれて

クタクタだった。

 

だら~っと自転車を漕ぎながら、

俺は何気なく公園の方に目を向けた。

 

その瞬間、

自転車から落ちそうになった。

 

公園の出入り口に、

ゆっくり何かが近づいて来る。

 

外灯に照らされて

はっきりと見える。

 

それは、乳母車に

お婆さんを乗せて、

 

それを押しながら歩いてくる

お爺さんだった。

 

あまりにも怖かった俺は、

 

すっ飛んで家に帰り、

この事を家族に話した。

 

でも家族は、

 

ただ単にお年寄りの夫婦が

夜に散歩してただけでしょ、

 

と言うだけだった。

 

でも違う。

よく考えれば違うのだ。

 

あの時、

 

俺は乳母車に乗った老婆と

お爺さんをはっきり見た。

 

深夜にも関わらずだ。

それは何故だ?

 

光があったからだ。

でも違う。

 

何故なら、あの公園には

外灯なんて無かったのだ。

 

もちろん道路側にも。

 

つまり、あの二人を俺が分かるほど

照らすものなんて無かったのだ。

 

あの老人達は一体、

何だったのだろうか・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ