自殺者に呼ばれた警備員

大学の施設警備やってたんだけど、

巡回業務があるんだ。

 

使っていない教室を

点検したりとか、

 

施錠されてるかとか、

夜間巡回とか。

 

夜間の巡回中に、

 

本館から少し離れている

研究棟の巡回をした時。

 

この時間だったら入り口も施錠されて

もう誰もいないはずなのに、

 

中に入ったら、

誰かいるんだ。

 

中は薄暗くて、

顔もハッキリ見えないくらいで、

 

おかしいなと思った俺は、

 

その人に「どうしました?」

って声かけたの。

 

そしたらその人は俺を無視して

階段を昇り始めたんだ。

 

不審者だと思った俺は

防災センターに無線で連絡して、

 

そいつの後を追い始めた。

 

だいたい15メートルくらいの

間を開けながら後を付いて行ったら、

 

そいつは階段を最後まで昇りきって、

屋上に出て行った。

 

屋上はいつも施錠されていて、

 

外に出る時は絶対に

鍵を開ける音がするはずなのに。

 

その音がしなくて、

 

おかしいなと思いつつも、

俺はそいつの後から屋上に出た。

 

そこで見たものは、

 

(俺の顎くらいの高さ)の前に

きちんと揃えて置かれた、

 

男物の一足の靴。

 

それと、柵の向こう側に立っている

男の背中だった。

 

で、そいつがいきなり

消えたんだ。

 

飛び降りたと思って、

 

驚いてそこに駆け寄って

柵の隙間から下を見ると・・・。

 

地面には人が横たわっていた。

 

ここまでは、ただの飛び降り発見

で済んでたんだけど、

 

後から変な話になってきたんだ。

 

警察で俺は第一発見者として

事情聴取を受けたんだけど、

 

検死結果と俺の話が、

見事に噛み合わないの。

 

どういう事かというと、

 

死亡推定時刻が、俺が発見する

8時間も前だったんだってさ。

 

何度も警察にも説明したんだけど、

 

俺は絶対に途中でそいつを

見失ったりしてないんだよ。

 

そいつが消えたのも見てるわけ。

 

ただ、思い返してみると、

 

地面に衝突する音とかを

聞いた記憶が無い。

 

そいつはその研究棟に入っている

研究室に所属してる院生で。

 

個人的な事情で

ずいぶん前から悩んでいて、

 

精神科にも通院してて。

 

事件性は無しって事で、

 

俺もそれ以上は疑われたりは

しなかったけど・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ