彼女を奪われた親友と

 

親友に彼女を奪われた。

 

その親友と一緒にビルの屋上で

花火観賞をしていた。

 

「あいつを奪うみたいになって

悪かったな・・・」

 

『しょーがない』

 

「怒ってないのか?」

 

『別に。あいつがお前を

選んだだけ』

 

「なら良かった」

 

『あいつが待ってるから

早く行けよ』

 

「ありがとう。応援してくれ」

 

俺は親友の背中を力強く押した。

 

(終)

解説

彼女はすでに死んでいる。

 

そこで、親友は彼女のもとへ

「逝く」ことを決意。

 

「俺」は親友の背中を押した。

 

つまり、

 

花火鑑賞をしていた屋上から

親友を突き落とした。

 

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ