自殺したと噂の住人の部屋へ

 

私が学生だった頃のある日、

 

親友のAは友達らと、

 

その頃に噂になっていた

とあるマンションの、

 

自殺が起きた一室に行く

計画を立てていました。

 

そのマンションは

Aや私の家から近く、

 

自殺が起こったのは

確かな情報でした。

 

しかも、

 

自殺した住人の部屋の中は

当時のまま、

 

という噂がありました。

 

Aが立てた計画の内容は、

 

Aを含めた3人でその部屋に行き、

自殺した住人の私物を持ち出す、

 

という計画でした。

 

Aは普段からその様な事が好きで、

 

私はいつもの事だと思い、

止めはしませんでした。

 

今にして思えば、

 

あの時に本気で止めればよかったと

後悔しています。

 

さて、

 

その計画の話を聞いてから

数日後、

 

私は学校にAが来ていなかった

ことに気付き、

 

その計画を一緒に考えていた

Aの友達(B)に話を聞きました。

 

Bが言うには、

 

Aが私に計画を話した日に

みんなで実行していたらしく、

 

その計画の結末は、

 

暗い顔をして何も教えて

くれませんでした。

 

しかし、私はAと親しい仲で、

その日の夜は心配で寝れませんでした。

 

気になった私は、

そのマンションへ行く事にしました。

 

行く途中、

何度も恐怖感や吐き気に襲われ、

 

来た道を引き返そうかと

何度も考えました。

 

しかし、

Aを思うと帰る事は出来ず、

 

気付けば結局、

 

一階のエントランスホールに

立っていました。

 

掲示板には二週間前の自殺の件の

チラシが貼ってありました。

 

・・・ん?違う!

 

よく見ると日付は三日前で、

A達が計画を実行した日でした。

 

私はまたしても、

 

とてつもない恐怖感と不安に

襲われました。

 

内容は飛び降り自殺。

 

死体の状態がひどく、

身元の特定が出来ていない様でした。

 

その時、

私はふと思い出しました。

 

Bの暗い顔を・・・。

 

考えたくはなかったけど、

 

体を押し潰す様な不安な気持ちが、

私を襲いました。

 

私の中の怖い気持ちを抑えつけ、

 

自殺があった例の一室に

向かいました。

 

ドアの前に着いて深呼吸をした後、

ドアノブに手をかけました。

 

『ガチャガチャ・・・』

 

開かない。

 

鍵が閉まっていたのです。

 

今思えば、

 

事件があった部屋の鍵が

開いているはずがない。

 

だったら、

 

Aも入れなかったのでは

ないだろうか。

 

何だかほっとした気持ちで

階段に向かっていると、

 

『カチッ』

 

鍵の開く音がしました。

 

・・・え?

警察か捜査員かな?

 

そんな事を考えながらドアに戻り、

扉を開けました。

 

しかし玄関には誰もいなく、

人の気配すらしませんでした。

 

「誰かいるんですか・・・?」

 

そう言いながら、

私は奥へと進みました。

 

しかし誰も見当たらなく、

 

目についたのはリビングに落ちていた

Aの生徒手帳でした。

 

「・・・嘘でしょ?」

 

生徒手帳を傍観していると、

ベランダで何かが動いた気がしました。

 

私は急いでベランダに出ましたが、

誰もいませんでした。

 

ふと下を見てみると、

Aがこちらを見上げて立っていました。

 

私はAを数回呼びましたが、

Aはただこちらを見ているだけでした。

 

私はふざけているのだと思い、

急いで下に降りました。

 

しかし、

その場にAはいませんでした。

 

どこかに隠れているのだろうか、

私がどれだけ心配したかも知らずに。

 

私はその事に怒りを感じ、

帰る事にしました。

 

一気に安心した事で、

帰ってすぐ寝る事が出来ました。

 

しかしその翌日、

 

担任の口から信じられない

言葉が出ました。

 

Aの飛び降り自殺、

という話です。

 

私はショックで体調を崩し、

学校を早退しました。

 

自分の部屋に着くと、

 

今日渡そうと朝カバンに

入れたはずのAの生徒手帳が、

 

なぜか机の上にありました。

 

あれ?

確かに入れたはずなのに・・・。

 

そう思いながら生徒手帳を開くと、

血で『助けて』と書いてありました。

 

私は、この事を誰にも

言いませんでした。

 

結局、

Aは自殺したのか、

 

誰かに殺されたのかは

未だに分かりませんが、

 

あの一室が関わっている事は

確かだと思います。

 

しかし、あのマンションはもう

取り壊されたので、

 

全てが謎に包まれたままです。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ