夢から覚めると目の前に

今から2年程前、

 

自宅のマンションで

寝ていた時のこと。

 

夢の中で自分は何故か、

 

実家の父親の寝室で、

一人昼寝していました。

 

ふと気が付くと、

 

寝ている自分の右肩を

知らない男がニヤニヤ笑いながら、

 

踏みつけていました。

 

目は瞑っていたのですが、

なんとなく分かりました。

 

払い退けたくても、

体が動きません。

 

恐怖心に襲われて、

 

どうしよう、どうしようと、

一人焦っていました。

 

ふとそこで、

夢から覚めました。

 

目を開くと、

 

目の前にはニタ~っと

笑顔を浮かべた、

 

小学生ぐらいの女の子の

顔がありました。

 

自分は一人暮らしなので、

そんな女の子がいるはずがありません。

 

うわぁぁっと叫んで、

手で押し退けようとしたものの・・・。

 

見事に手はその女の子の体を

すり抜け、空振りしました。

 

そして、その女の子は

気味の悪い笑顔を浮かべ、

 

自分をじーっと見つめたまま・・・。

 

宙に浮いて、すーっと

壁の中に消えていきました。

 

時刻は夜中の2時頃

だったと思います。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ