ベッドの周りを走り回る気配と笑い声

ベッド

 

夜中にベッドで寝ている時、

女の子の笑い声が聞こえてきた。

 

耳元と言うほど近くはなかったが、

なんとなく耳につく。

 

(一体なんなんだ?)

 

と思いつつ気になっていると、

段々と声が大きくなってきた。

スポンサーリンク

耳元でざわつくモノの正体とは・・・

そのうち、

耳元で大きな笑い声が聞こえ始める。

 

「きゃははははは~~!

きゃははははは~~!」

 

まるで、”字で書いたのような笑い声”

という感じだった。

 

すると、寝ているベッドの周りを

何かが走り回る気配がする。

 

・・・女の子だ。

 

ベッドの頭側と左側は壁なので、

生身の人間とは到底思えなかった。

 

怖い怖い怖い・・・と思っていると、

女の子は不意に立ち止まり、

 

「よかったね~よかったね~」

 

と言い出す。

 

いい加減、怖いのとイラつくので、

 

「何がよかったんだよ、バカ!」

 

と心の中で叫ぶと女の子は無言になり、

私の首に右側から倒れ込んできた。

 

私はそのまま首を圧迫される。

 

苦しい!怖い!と、もがき、

必死でお経を唱えた。

 

・・・すると、

 

息苦しさは消えたものの、

笑い声だけが耳に残る。

 

(何とか助かったか・・・

声も遠のいているし・・・)

 

とは思ったものの、

 

なんとなく遠のいていく声が気になり

耳を澄ましてみると、

 

笑い声がカムバックしてくる。

 

(これはいけない!!

女の子が帰ってくる!!)

 

必死で他の事を考えているうちに、

いつの間にか眠りについていた。

 

初めて命の危険を感じた体験だった。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ