誰にも話さなかった遅刻の理由

「誰にも喋った事ないんですけどね」

 

Oさんはそう言うと、

ゆっくり話し始めた。

 

小学校の頃、

 

Oさんは学校に

遅刻したことがあったという。

 

その理由を結局Oさんは、

 

先生にも両親にも

話さなかったのだという。

 

子供心に何か変だと

思っていたからだ。

 

変だと気付いてしまった

Oさんは、

 

怖くて先生にも両親にも

話せなかったのだ。

 

ランドセルを背負ったOさんは、

 

普段通りに家を出て、

学校へ向かった。

 

周りには、同じ学校に行く生徒が

何人もいるはずの時間にも関わらず、

 

その日に限って

誰もいない。

 

「周りに知ってる子供が

いないんですよ。

 

そしたら今日はお休みかな?

って思うじゃないですか」

 

不安になりながら

通学路を歩いていると、

 

「こっちだよ」

 

と声がしたという。

 

そちらを見ると、

 

自分と同じくらいの少年がいて、

おいでおいでをしている。

 

記憶に無い子供だったが、

 

今まで誰もいない道を

歩いて来たOさんは、

 

ちょっと安堵した。

 

「え、なに?」

 

「こっちにみんな集まってるんだよ。

知らないの?」

 

「知らないよ?」

 

「なんだぁ、早くおいでよ」

 

そう言うと、

 

通学路の道から

路地へと入っていく。

 

普段から寄り道などはしない

Oさんは、

 

不安になりながらも

少年の後を付いて行った。

 

角をいくつか曲がると、

 

普段見たことのない

ドブ川に出た。

 

道はそこで終わっていた。

 

川は大人が両手を広げた

くらいの幅で、

 

1メートル毎にコンクリで出来た

橋のようなものが渡されていた。

 

少年はそのコンクリに乗り、

 

「ここから行くんだよ」

 

と言うと、

次のコンクリに飛び移った。

 

「できないよ・・・」

 

Oさんがぐずっていると、

 

「大丈夫。ほらっ」

 

少年が何度も2本の

コンクリの間を往復して、

 

手本を見せる。

 

Oさんはそれを見て、

 

最初のコンクリに立ち、

次のコンクリに飛び移った。

 

「できたできた」

 

少年はOさんに向かって言うと、

次のコンクリに飛び移った。

 

Oさんはそれに付いていく。

 

いくつコンクリを渡っただろうか。

Oさんは凄く不安になった。

 

「どこにみんないるの?」

 

「もうすぐだよ」

 

「もう学校はじまっちゃう」

 

「もうすぐ着くよ」

 

少年がトントントンと、

連続して飛んだ。

 

「あっ、待って、」

 

そしてOさんは、

次のコンクリを踏み外した。

 

踏み外した途端、

もうだめだ・・・と思ったと言う。

 

しかし、

 

衝撃はあったが、

水の感触が無い。

 

目を開けると、

余り見覚えの無い場所だった。

 

「え?」

 

見回してみると、

 

それは学校の裏にある

貯水池だった。

 

普段から先生や両親に、

 

近寄ってはいけないと言われていた

貯水池のすぐ横で、

 

Oさんは転んでいたのだ。

 

Oさんは泣きながら

学校へ駆け込んだ。

 

もう、学校は始まっていた。

遅刻だった。

 

先生は目を丸くして驚いたが、

 

遅刻の理由を何度尋ねられても、

Oさんは言わなかった。

 

「あの時、もし踏み外さなかったら、

私はここにいなかったんでしょうね」

 

Oさんにとって

一番怖かったのは、

 

踏み外した瞬間、

 

少年がもの凄い形相で

怒っていた事だという。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ