あきちんと呼ばれていた謎のおっさん

学校 校舎

 

俺の小学校には、

 

授業の3時間目ぐらいに校門に現れる

通称『あきちん』という、

 

黒い帽子にジャージを着た

謎のおっさんがいて、

 

ソイツは必ずその時間になると、

校門で踊っているんだ。

 

しかも、

 

毎回同じ踊りで、

毎回同じ場所。

 

手を上下に振りながら、

首をめちゃくちゃに振っている。

 

先生達も知っていたが、

 

小学校に入った時は

皆で楽しんで見ていたんだが、

 

そのうちに慣れて、

皆も気にしなくなってきた頃のこと。

 

俺は皆と縄跳びで遊んでいた。

 

当時はリズム縄跳びと言って、

 

ラジオに合わせて縄跳びを飛んで

さらに上級を目指す、

 

というのが流行っていたんだ。

 

ある日、

肝心の縄跳びを学校に忘れた。

 

土日だったので先生は一人しかおらず、

 

その先生と二人で教室に入って

縄跳びを取る時に外を見たら、

 

何故か校庭にあきちんがいた。

 

いつもの校門ではなく・・・

 

すると、

あきちんと目が合ってしまった。

 

初めてあきちんの顔を見た瞬間、

身震いした。

 

何故なら、

顔が真横になっていたからである。

 

次の瞬間、

 

あきちんが思いっきり走り出して、

俺達がいる校舎に向かって来た。

 

が、よく考えると、

 

先生が俺を校舎に入れた時、

校舎の玄関の鍵は開けたままだった。

 

小学生だった俺は腰を抜かして、

先生にすがりついた。

 

先生もびっくりしたらしく、

 

すぐさま近くにあった先生用の

1メートル定規を持って、

 

廊下を出て階段を下りた。

 

すると、

 

バタバタと階段を上ってくる

足音が聞こえた。

 

「隠れていろ!」

 

と言われたので、

壁際に急いで隠れた。

 

あきちんを待つ先生の姿は、

ヒーローそのものだった。

 

「○○! 俺がいいって言うまで、

そこから動くんじゃねぇぞ!」

 

と言われ、

先生の神々しさにドキドキしていた。

 

足音もバタバタしなくなって数分経ったが、

何も気配が無い。

 

階段を覗くと、

先生もバタバタする足音も無かった。

 

と、その瞬間、

 

「○○、もう出てきていいぞ」

 

と聞こえた。

 

しかし、

先生の声ではなかった。

 

期待から一気に恐怖に変わった。

 

数分間、

その場で恐怖に震えていたが、

 

今すぐここを出たいという気持ちと、

あの声の恐怖が入り混じった。

 

ついに決心した俺は、

階段まで一気に走った。

 

すると、廊下からバタバタと

足音が追いかけてきた。

 

もう怖くて怖くて、

とにかく走った。

 

無我夢中で。

 

玄関を出てすぐ校門まで走ると、

もう足音はうしろから聞こえて来なかった。

 

ぐしょぐしょに泣きながら校舎を見ると、

 

俺の覗いた教室からは、

先生とあきちんが一緒に顔を出していた。

 

後日、

その先生は職員室にいた。

 

それ以来、

もう先生と話すことも出来ず、

 

顔も会わせるのが嫌だった。

 

先生はその事件から一週間後に、

教師を辞めてどこかへ行ってしまった。

 

あきちんもそれ以来、見ていない。

 

もう、あの事を思い出したくない。

 

色々と謎が多すぎる。

 

未だにあきちんの顔を思い出すと、

背筋が凍る。

 

こっちに来るような気がして・・・

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ