宿直時の見回りのルール

理科準備室

 

まだ小学校に宿直制度があった時の話。

 

ある小学校に田中という、

とても真面目な教師が赴任してきた。

 

彼は教頭から色々と学校についての

説明を受けたが、

 

どうしても納得がいかない点が

一つだけあった。

 

それは、

 

『宿直の際に理科準備室は

見回らなくて良い』

 

ということだ。

 

彼は本当に真面目な人物だったので、

そんなことは納得がいかなかった。

 

そうこうしているうちに、

彼の宿直の番が回ってきた。

 

彼は木刀と懐中電灯を持って

校舎を見回っていたが、

 

特に不審なところはなかった。

 

そして、

彼は例の教室の前に立った。

 

学校が建てられた当時から、

まったく改装されていないその部屋は、

 

外側から覗くだけでも

不気味な様相をかもし出していた。

 

「いや、学校の為だ。

ここに不貞の輩が潜んでいるかも知れん」

 

彼は思い切って、

理科準備室の扉を開けた。

 

古くなったホルマリンの匂いが鼻をつく。

 

中にはアルマジロや、タカの剥製、

人体模型などが並べられており、

 

天井から白熱灯が吊るされていた。

 

辺りを見回したが、

誰かが潜んでいる様子もない。

 

「よし、これで他の先生たちも

安心して見回りが出来・・・」

 

その時、

彼の耳元で声がした。

 

「・・・・・・オ・・・ク・・・・レ・・」

 

そして翌日。

 

いつまで経っても出勤しない

田中先生を心配して、

 

教頭が学校中を探し回った。

 

教頭は理科準備室の扉が

少し開いているのを見つけ、

 

中に入った。

 

そこには、

変わり果てた田中先生の姿があった。

 

彼は内臓を全て失っていた。

 

教頭は溜息をついて、

辺りを見回した。

 

そこには折れた木刀と、

 

明らかに配置のおかしい剥製たちが、

ガラスの眼を光らせていた。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ