深夜の体育館に鳴り響いた放送

体育館

 

俺が小学5年の頃、

皆で肝試しをやろうということになった。

 

クラス内外を巻き込んで

話は段々と大きくなっていき、

 

最終的には保護者の同伴を条件に、

夜中の体育館での開催となった。

 

俺も親友3人グループとその親と共に、

夜の学校へと向った。

 

心底後悔する事になるとも知らずに・・・

スポンサーリンク

大勢が同時に経験した心霊体験とは・・・

集まった生徒や保護者は、

各々が怖い話を始めた。

 

いくつかはなかなか怖いものもあったが、

大半が元ネタがバレバレのありがちな怪談話。

 

鬼太郎妖怪レベルの話もあって、

俺たちは少々退屈していた。

 

百話目は校長先生が担当。

 

年の功だけあってか、

かなり怖い話だった。

 

だが、その詳細は覚えていない。

 

全ての話を終えた後、

 

校長先生がロウソクを吹き消した瞬間に

それは起こったからだ。

 

夜10時、

 

鳴るはずの無いチャイムが鳴り響き、

一拍置いて不気味な声が体育館に響いた。

 

「十年前、僕はこの学校へ

行きたかったのに死んだ」

 

放送はそれだけだった。

 

すぐに懐中電灯が点き、

皆は困惑した表情で顔を見合わせていた。

 

俺たちは一瞬硬直していたが、

すぐに校舎へ走った。

 

先生たちのイタズラだと思ったからだ。

 

いや、思いたかったというべきか・・・

 

俺たちは放送室と隣接する教員室に

難なく辿りついた。

 

だが、誰も居なかった。

 

誰か居た気配も無かった。

 

それから十数年後の同窓会の時、

 

俺は当時その場にいた担任の先生に

あの事件について訊いてみたが、

 

先生は「何も知らない」と答えた。

 

ただ、あの日の十年前に、

 

病気がちで学年の途中から休校して

そのまま死んだ少年がいたのは事実らしい。

 

あの当時の体育館と校舎は、

 

多少の改装を施されただけで、

今でも存在している。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ