路面の穴から誘われた声

開いたマンホール

 

当時、

私は京都市内で働いていました。

 

あれは、夏の夜でした。

 

職場の友人と木屋町で飲んで、

 

私はフラフラと四条大宮の自宅への

帰路に着いていました。

 

京都の夜は静かなものです。

 

祇園や河原町といった一部を除けば、

 

大通り以外は街灯も少ない閑静な住宅街

という風情になります。

 

昼間は賑やかな京極や錦も

夜はひっそりと静まり返り、

 

たまに私のような酔っぱらいが

歩いているくらいです。

 

大阪や神戸といった、

他の関西三都と京都の違いは、

 

夜の暗さにあるんじゃないかと思います。

 

その通りは街灯も少なく、

 

家路に向かう私の他には

猫の子一匹いませんでした。

 

日付も変わった深夜の頃。

 

日本中どこの街でも、

繁華街でなければそんなものでしょう。

 

「ねぇ、ねぇ」

 

不意に聞こえた子供の声で、

私は足を止めました。

 

よく通った、

しかし抑揚のない声でした。

 

辺りを見回すのですが、

前述の通り、誰もいません。

 

時間も時間、

場所も場所。

 

子供なんているはずがないのです。

 

気のせいだろうか?

 

発情した猫の声が

赤子の泣き声に似ているように、

 

何らかの小動物や虫けらの鳴き声を

錯覚したのだろう。

 

そう思い、

再び私は歩を進め始めました。

 

「ここだよ。ほら、こっち」

 

やはり淡々とした、

感情のこもらない声。

 

どこからだろう?

 

また歩みを止め、

きょろきょろと周囲を見回す私。

 

やがて、

その主は判明しました。

 

それは下にいたのです。

 

真下、

というわけではありません。

 

斜め下。

 

細かく言うと、

左前方1メートルほどの下方。

 

そこには蓋の外れたマンホールがあり、

その中に子供がいました。

 

年の頃は小学校の低学年くらいでしょうか。

 

髪はなく、

たぶん少年だったでしょう。

 

肩から上しか見えませんでしたが、

 

気をつけの姿勢で穴に嵌れば、

ああなるのでしょう。

 

とにかく子供がマンホールに

ぴったりと嵌り込み、

 

顔だけ上を向けて私を見ていたのです。

 

一番高いところにある鼻の位置が、

ちょうど路面の数センチ下ぐらいでした。

 

大変な状況です。

 

街灯の光の具合か、その肌は、

やけに青白く見えたのを覚えています。

 

異常な事態にもかかわらず、

子供は声同様に全くの無表情でした。

 

私はというと驚愕のあまり、

数秒間、動けずにいました。

 

「ぬけないんだ」

 

これも棒読み。

 

私は『えっ、なんで?』みたいな、

 

趣旨の明確でない間抜けな応答を

したように思います。

 

頭の中では、

 

『警察?いや救急?引っこ抜けば早い?

でもなんでこんなことになってるの?』

 

色んなことを考えていました。

 

時間にして数秒だったと思うのですが、

混乱して動けず、

 

ただ子供の目を見つめていた私に、

子供は問いました。

 

「たすけて、くれないのかい?」

 

助けないはずがありません。

 

しかし、

私の答えはまだどこか間抜け、

 

「えっ、ああ。いや。助けるよ」

 

普段は冷静な人って

言われているんだけどなぁ。

 

私の「助けるよ」という

言葉を聞いた子供は、

 

初めて表情を動かしました。

 

口元の両端が少し上がり、

目尻が少し下がった表情。

 

そう、微笑。

 

そして、「ん」・・・と。

 

ごく自然に、そして滑らかに、

子供は片手を差し出しました。

 

終始子供のペースです。

 

私は差し出された手を取り、

力を込めて彼を引っ張り上げ・・・

 

たりは、しませんでした。

 

両手で子供の手を取りに

動いたのは事実です。

 

しかし、

 

その手が触れ合う前に、

私は動きを止めたのです。

 

八坂さんか祇園さんか、

果ては八幡様か稲荷様か。

 

何者かは知れませんが、

混乱し、

 

ただ出された手を取ろうとした私に、

 

天啓を与えてくれた誰かが

いたのかも知れません。

 

『おかしい。この手はあり得ない』

 

それに気がついたのは、

動きを止めてからでした。

 

下にいる子供は、

 

“気をつけの姿勢”をしているみたいに、

マンホールに”嵌っていた”のです。

 

上を向いている顔と、

その両肩以外、

 

先ほどまで私には

見えていなかったのです。

 

一体どんな動きをすれば、

 

腕を差し出すなんてことが

出来るというのでしょう。

 

気がつけば、

他にもおかしなことはありました。

 

なぜ子供が・・・

なぜマンホールが開いているのか・・・

 

などの根本的な問題もありますが、

上を向いているという事実です。

 

肩ががっちり嵌るような狭い空間にいて

人が上を向けるのは、

 

せいぜい30度が限界ではないでしょうか。

 

少なくとも、

 

“一番高いところに鼻がある”くらいに、

上を向ける人間はいないはずです。

 

後頭部がつっかえるんですよ、

普通なら。

 

手を取ろうとして動き、

取る前にはたと停止した私。

 

そんな私を見た子供の顔は、

再び変化しました。

 

口の両端がさらに上がり、

 

下唇と上唇が開いて歯が見える、

最高の笑顔。

 

次の瞬間!

 

ガコン。

 

大きな音がして、

マンホールは閉じていました。

 

どう閉じたのかは

よく分かりませんでしたが、

 

音に気がついた時には、

マンホールは閉じていたのです。

 

飲み過ぎたが故の白昼夢、

いや、黒夜夢。

 

私は己に言い聞かせて自宅へ帰り、

電気を点けまくり、

 

朝までゲームをして時を過ごしました。

 

残念ながら、

据わりのいいエピローグはありません。

 

「昔、あの場所でマンホールに落ちて

死んだ子がいるそうです・・・」

 

とかそういうの。

 

探ればあるかも知れないですが、

少なくとも私は知りません。

 

誰も話さないだけかも知れないですが、

 

「同じような体験をした人が

何人かいるようです・・・」

 

とかもないです。

 

全くの謎。

 

意味不明。

 

現在、私は京都を離れ、

大阪にて生活をしています。

 

今でも暗い夜道を一人で歩いていると、

ふと不安になることがあります。

 

また路面の穴から、

声を掛けられるんじゃないかって。

 

「ねぇ、ねぇ」

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ