一人でカラオケの練習をしていると

中学の頃、

カラオケでの話。

 

友達とカラオケに行き、

 

みんなが帰った後に、

一人で練習することにしました。

 

そこのカラオケのバイトは

自由に使っていいとのことでした。

 

バイトのお兄さんとは友達なので、

 

店長の居ない時だけ

その特権を使い、

 

私一人の時は、

タダで練習出来たのです。

 

一時間ほど練習してると、

受話器が鳴りました。

 

「ちょっと来てもらえる?」

 

焦っている様子だったので

すぐに行くと、

 

お兄さんは暗い顔をしていました。

 

何があったのかと聞くと、

監視モニターを見せてくれました。

 

カラオケボックスのモニターにしては

非常に鮮明で、

 

予約曲まで分かるくらいに

映ってました。

 

「君が歌ってる間のビデオを見せるよ」

 

と言って、

別のモニターに映してくれました。

 

なぜか、私が歌っている間に

パラダイス銀河が予約され続け、

 

その番号が入り続けています。

 

そして終了近くになると、

全て予約取り消しされていたのです。

 

これが不気味に思って

呼んだのかなと思っていたら、

 

違いました。

 

一人しか居ないはずの部屋なのに、

 

私の隣に女の子が現れ、

一緒に歌っているようなのです。

 

その日、

私はすぐに帰り、

 

それ以来は一人で練習することは

なくなりましたが、

 

後遺症が残りました。

 

それ以降、

誰とそこのカラオケに行っても、

 

私の歌の後に割り込みで、

 

必ず、「パラダイス銀河」が

流れるようになったのです。

 

なぜ、パラダイス銀河なんでしょうか?

 

ちなみに、大学が休みに入り、

実家に帰って来たので、

 

友人とそこのカラオケに行くと・・・

 

なぜか、パラダイス銀河ではなく

「SayYes」が割り込んできました。

 

なぜ・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ