母子が轢き逃げされた横断歩道

その横断歩道は

歩行者が少ないということで、

 

普段は車道の信号は点滅。

 

歩行者用のボタンを押して

待っていたら、

 

車道の信号が赤になって、

横断歩道の信号が青になる。

 

だけど、その点滅信号って

滅多に赤になることなんてないから、

 

点滅に慣れた車が

よく事故を起こしている。

 

その場所で、

そのひき逃げ事件も起った。

 

お母さんとその子供も

即死だったらしい。

 

凄いスピードで轢かれたらしくて、

 

お母さんは頭が割れて

脳ミソが飛び散っていて、

 

頭がグチャグチャ。

 

なんでも、顎から上が取れちゃった

みたいになってたらしい。

 

子供(3才くらい)

車の下に入り込んでしまって、

 

後輪に頭を踏まれて、

頭が潰れた状態だったそう。

 

後で事故現場に行ったら、

 

横断歩道の白い部分に、

血の跡がものすごく残っていた。

 

その後、親子を轢いた

車が見つかったんだけど、

 

盗難車で結局犯人は

見つからなかった。

 

それが、7~8年前の話。

オレが高校生の頃。

 

その後、オレは他の県の

大学に行った。

 

卒業してから、また実家に戻って

地元に就職した。

 

ちょうどその頃に、

当時だと5~6年前か、

 

昔あったひき逃げの犯人が

捕まったって聞いた。

 

どうして犯人が見つかったのかは

分からないけど。

 

犯人はオレの4つくらい上の男で、

近所のチンピラだった。

 

そういえば見た事あるかもしれない、

ってくらいの。

 

ひき逃げがあった信号は、

その頃はもう押しボタン式ではなく、

 

ちゃんと普通に変わるようにされていた。

 

まぁ広い直線の道だし、

 

交差点ではないと言えど、

最初からこうするべきだろ、

 

って感じだったんだけど。

 

母親に話を聞いたら、

 

「もう○○さん(ひき逃げ犯)

結婚して子供もいるのに、

 

奥さんとお子さんが

かわいそうだねぇ・・・」

 

って、ことだった。

 

その後、その奥さんと子供も

何度か見かけた。

 

すごく綺麗な奥さんで、

 

普通にいいなって

思った覚えがある。

 

地元に帰ってから

半年くらい経って、

 

ようやく仕事も慣れた

ってくらいの時、

 

また例の横断歩道で

事故があった。

 

その横断歩道は

職場から近くて、

 

事故が起ったのは

すぐ耳に入ってきた。

 

野次馬に行きたかったけど、

 

仕事ほっぽり出して行くには

ちょっと距離があったので、

 

遠くからパトカーや救急車の

赤いランプだけ見ていた。

 

会社の上司が、

 

信号の押しボタン式を止めてからは

珍しいなって言っていて、

 

昔のひき逃げ事件を

思い出した。

 

家に帰ると突然母親が、

 

「今日、事故があったの知ってる?」

 

って言ってきた。

 

「あのひき逃げ横断歩道だろ?

会社からパトカーとか見たよ」

 

って言ったら、

 

「轢かれた人・・・あの○○さんの

奥さんとお子さんなんだよ・・・」

 

って。

 

その時はゾッとした。

 

「・・・死んだの?」

 

って聞いたら、

母親は黙って頷いた。

 

母親も子供も、

どちらも死んでしまったらしい。

 

そして、やっぱりひき逃げ。

 

「もしかしたら犯人は、

 

昔ひき逃げされた母子の

オヤジなんじゃないの?」

 

とか言ってた。

 

ゾッとした反面、

明日会社で話そうとか、

 

話のネタが出来たくらいにしか

思ってなかった。

 

(不謹慎かな・・・)

 

案の定、次の日は、

 

オレが話す前から

その話でもちきりだった。

 

その時に、昔ひき殺された

母子のオヤジは、

 

その後に引っ越してしまった

と聞いた。

 

仕事から帰ると、

 

オヤジが仕事先から

家に電話してきた。

 

なんでも、

 

オヤジの知り合いが

昨日の事故の犯人、

 

だということが分かったらしい。

 

付き合いのあった人なので、

 

ちょっと仲間内で集まって

警察に行ってみるから遅くなる、

 

という内容の電話だった。

 

オレもオフクロも、

夜遅くまで起きてた。

 

やっぱり、話が聞きたくて。

 

オヤジが帰って来てから

話を聞いて、

 

オレは心底ゾッとした。

 

警察では面会もさせてもらえず、

警察も何も話してくれなかったらしいが、

 

その人(今回のひき逃げ犯)

仲のいい人が、

 

その人が出頭(ある意味の自首だったらしい)

する前に聞いた話では、

 

その人はその日、

 

友人と夕食を食べて、

帰宅途中だったらしい。

 

車の運転中に

軽いめまいを覚えたが、

 

大丈夫だろうと

車を走らせていた。

 

が、目を覚ますと、

 

自分の部屋で仕事着姿のまま

寝ていたらしい。

 

酒は申し訳程度にしか

飲んでないのに、

 

おかしいなと思い

時計を見たら、

 

仕事が始まっている時間だった。

 

慌てて身支度して

車に乗ろうと外に出ると、

 

いつもバックで駐車するのに、

 

その日は前から突っ込んで

駐車していた。

 

フロントを見て驚いた。

 

割れたフロントガラス、

へこんだボンネット、

 

さらに、血しぶきと肉片が

至る所に付着していた。

 

慌てたその人は必死で

前日のことを思い出そうとし、

 

友人に電話し、

 

考えた末に警察へ出頭した

ということらしい。

 

鑑識の結果、

 

○○さんの妻と子供を轢いたのは

その人の車に間違い無い、

 

という結果になり、

緊急逮捕されたそうだ。

 

そこまで話した後、オヤジは

警官から聞いた話をしてくれた。

 

○○さんの妻と子供の

遺体の状況の話だった。

 

母は頭が割れ、顎から上が取れて、

離れた所に吹っ飛んでたらしい。

 

そして子供は車の下に入り込んで、

タイヤで頭を踏まれ頭が潰れていた。

 

・・・5年前の事件と全く同じだ。

 

家族4人(弟がいます)

シーンとなった。

 

もの凄くゾッとした。

 

その後、事件の経過をまた

オヤジがその人に聞いてきた。

 

なんでも、ハンドルにも

血痕が付着しており、

 

その血が誰のものか解らず

困っているということだった。

 

その血痕は、

 

ちょうど血まみれの手でハンドルを

握ったような形になっていたそうだ。

 

近所で綺麗な奥さんとその子供を

見ることはなくなった。

 

本当にあの人達がそんな悲惨な

死に方をしたのだと思うと、とても怖い。

 

昔、悲惨な殺され方をした母子が

復讐をしたのだろうか?

 

今でも職場に通うのに

その横断歩道を車で横切るが、

 

いつも思う。

 

もういいだろ、

復讐終わっただろ?

 

だからオレの車は使わないでくれ

 

って・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ