その薬を飲むと人形になれる

日本人形

 

これは、石じじいの話です。

 

あなたは『人形液』というものをご存じでしょうか?

 

これは昔、日本人形の肌の表面を汚れや傷から守るために用いられた、一種の樹脂です。

 

昔の人形の肌は貝殻を磨り潰したもの(胡粉)を使っていたので、かなり繊細で美しいものでした。

 

しかし、柔らかく傷が付きやすく、また汚れが付くと落ち難かったのです。

 

その対策として、昭和の初め頃に考え出されたものだとか。

 

じじいは、面白い石を取ることができる比較的近場の採集地へ、トラックの定期便に便乗して通っていました。

 

ある日、山に登る途中の集落で、一人の少女を見かけたそうです。

 

彼女は農家の前で歌を歌っていました。

 

「それはのう、”門付け”ゆうもんでのう。まあ、ゆうたら乞食よ」※門付け(かどづけ)=人家や商店の門口に立ち、音曲を奏したり芸能を演じたりして歩くこと、または、その人のこと

 

しかし、家の人は誰も出てきませんでした。

 

留守だったのかもしれません。

 

じじいは不憫に思い、彼女に声をかけて話を聞きました。

 

彼女が言うには、母親と二人で住んでいるのだが、今は母親が病気で伏っていてお金がないので、こうやってお金を乞うているということでした。

 

また彼女たちの住処は、じじいの行く方向とは逆だったので、少しのお金をやって別れたそうです。

 

その日、帰る時に村の人に尋ねたところ、その母子は数年前に何処からか流れてきて、その頃は廃されていた村外れのお堂に住み着いたのだとか。

 

ちなみに昔は、そのような人を「ほいと」や「ほいど」などと呼んでいました。

 

母親は、その当時は元気で手先が器用だったので、竹箕(たけみ)の修繕や農作業の手伝いをしてお金を稼いで生活をしていたと。

 

また、彼女たち以外の家族や親戚は空襲で全滅したということでした。

 

よそ者でしたが戦後の混乱期だったので、不憫なことだと思い、村の近くでの滞在を許したそうです。

 

母親の人間性も良かったからだとも。

 

別に彼女たちを嫌って特に冷たく接している様子は、地元の人間には見られなかったといいます。

 

ただ、少し前から母親は病気がちとなり、あまり外出しているところを見かけることがないとのこと。

 

次にその女児に会った時、彼女は青い顔をして少しやつれているように見えました。

 

田舎では戦後の食料危機はそれほどでもありませんでしたが、乞食の身であるので食べられないこともあるだろうと思い、じじいは自分の飯をあげたそうです。

 

彼女はそれの半分を美味しそうに食べて、残りを習字に使われた半紙に包みました。

 

これは病気で寝ている母にあげる、と。

 

そして、彼女は持っていた巾着のようなものから茶色のガラス瓶を取り出して、その中の液体を一口飲んだそうです。

 

じじいは「それは何か?」と尋ねると、彼女は「これは人形液」と答えたそうです。

 

「にんぎょうえき?」

 

じじいは意味を尋ねました。

 

彼女曰く、これを飲むと人形になれる。

 

人形になれば、病気になることも、年を取ることも、死ぬこともない。

 

寒くもない。

 

だから、これを飲んで人形になる。

 

もし自分が人形になれたら、この薬を母にも飲ませて一緒に人形として暮らす。

 

そういうことでした。

 

じじいは迷信深い人間ではなかったし、衛生兵程度の医療の心得もあったので、そんな薬はないだろうということを彼女に話して、それは害はあっても益は無いのでやめるように説得しました。

 

母親が病気なら医者に見せて、それなりのところ(孤児院※当時の名称)に移れるのではないかとも話しました。

 

色々と説得しましたが彼女は納得せず、困ったような顔をして泣きそうになったそうです。

 

「子供相手に大人が難しいことゆうてもわからなんだろうのう。わしもバカやったい」

 

そして、彼女はツラそうな顔をして言ったそうです。

 

「こんなもので人形になどになれないことはわかっている」と。

 

大人のような口調だったといいます。

 

じじいは、後から村の人がお堂に行くから言うことを聞くようにと言い残して別れました。

 

石の採集作業の帰りに村人何人かに会った時、その母子の命が危ないかもしれないので面倒をみること、役場や警察などに相談すること、何か手助けできることがあれば連絡するように、と自分の住所を教えました。

 

じじいが自宅に帰ってから1週間ほど経った頃、電報が届いたそうです。

 

『ホイトハハコシス・・・』

(ほいと母子死す・・・)※ほいと=何処からか流れてきて住み着いた人

 

じじいは、その集落に急いで行きました。

 

村人に尋ねると、じじいが村を離れた後、村人がその母子の所に行って説得し、役場にも相談して母親を病院に入れようということになったが、母子を迎えに行ったら母親はお堂の中で亡くなっていたそうです。

 

心臓麻痺による病死だったとか。

 

では、その女児は?

 

女の子の姿はどこにもなかったそうです。

 

村人は必至に捜しましたが、見つけられなかったと証言しました。

 

警察にも届けましたが、そのような時代ですから、あまりちゃんと捜査などはされなかったそうです。

 

それからしばらく経った頃、その村がある山に再度石を取りに行った時に、山の中で『人形を見つけた』そうです。

 

それは、松の木の根本に転がっていました。

 

女児の人形液のことを思い出したじじいは、感じることがあり、それを廃堂とは別の寺のお堂に持ち込みました。

 

その人形は、そのお堂にずっと祀られていたそうです。

 

「その女の子の薬、人形液は、どうやって、どこで、誰からもろうたん?」

 

この話をじじいから聞いた時、私は当然のようにそう質問したと思うのですが、それの答えについての記憶がありません。

 

ただただ、このような話であったことだけは覚えています。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年12月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ