神様がくれた最期のチャンス

当時、彼女は夫と二人で、

郊外の一戸建てに住んでいたそうです。

 

ある夜、彼女は、

 

仕事の後に飲みに行くと言った

夫を待っていました。

 

しかし、あまり遅くなったので

先に寝ることにしました。

 

そして眠った彼女は、

 

夫がバイクで車と衝突して

死ぬ夢を見て、

 

目を覚ましました。

 

でもそれは夢というより、

確信に近いものだったそうです。

 

彼女は、

 

「夫が死んだ、夫が死んだ、

どうしよう!どうしよう!」

 

とパニックになったそうです。

 

しかし間もなく、

 

聞き慣れたバイクの停車する音が

聞こえて来ました。

 

玄関のドアが開く音がし、

酔っ払った明るい夫の声がします。

 

大声で彼女の名前と、

どうして遅くなったかを、

 

呂律の回らない舌で

喋っていました。

 

泣いていた彼女は、

 

あまりに上機嫌の夫に

少々腹を立て、

 

布団の中から大声で、

 

「遅かったねー。

 

あんたは事故で

死んだと思ってたよー」

 

と言いました。

 

すると夫は、

 

「あらまー、

そっち選んじゃったかあー」

 

と、おどけたように言い、

物音が急に止みました。

 

その直後、

 

夫の事故死を知らせる

連絡があったそうです。

 

後に彼女は、

 

「あの人が神様にもらったチャンスを

私がダメにしたのかも・・・」

 

と言っていたそうです。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ