競争した二組のカップルの運命

 

夏のある日、

 

二組の若いカップルが

海水浴に出かけました

 

仮にA君とA君の彼女、

B君とB君の彼女とします。

 

A君はバイクを持っていたので

一人で乗り、

 

B君は車を持っていたので

残りの3人が乗りました。

 

海水浴では思いっきり遊んで

楽しんだ4人。

 

日が暮れて帰る時に、

ふとB君が、

 

「競争しようぜ!」

 

と言いました。

 

そこでA君のバイクと、

 

B君とB君の彼女に、

A君の彼女の乗る車とで、

 

お互いの家まで

競争することになりました。

 

それぞれのカップルは同棲しており、

同じアパートで知り合った4人。

 

なので、

もちろんゴールは一緒。

 

先に着いたのは、

B君たちの乗る車でした。

 

勝ったことに喜ぶB君のカップル、

A君の彼女は少し心配気味。

 

A君はバイクの運転が

とても上手いので、

 

本当なら先に着いていて

当たり前なのです。

 

その日、

A君は帰って来なかった。

 

そして次の日、

 

目覚めたA君の彼女は

信じられないことを聞きます。

 

B君とB君の彼女がとても悲しげで、

不安げな様子で部屋に来ています。

 

「あのさあ・・・」

 

B君が口を開きます。

 

「今朝に警察から連絡があって、

 

Aのやつがカーブ事故で

死んじまったらしいんだよ・・・。

 

ガードレールに凄いスピードで

激突して即死だったらしい・・・」

 

A君の彼女はずっと考えていたので、

 

万一のこともあるだろうと

分かってはいましたが、

 

やはりショックで泣き伏せています。

 

しかし、B君たちが

さらに驚くべくことを告げるのです。

 

先に切り出したのはB君の彼女です。

 

二人の体がとても震えているのを、

A君の彼女は感じていました。

 

「朝・・・連絡があったって

言ったじゃない?

 

あのね、驚かないでね。

 

その連絡のすぐ後、

私たちの部屋に誰か来たの。

 

誰だろうと思って・・・

それで誰だ?って聞いたら・・・」

 

「Aだ、って言うんだよ・・・」

 

B君が割って話してきました。

 

A君の彼女は、

 

何を言っているのか分からず、

ただ聞いていました。

 

「悪い冗談だって思って、

 

すぐに怒鳴りつけてやろうと思ったけど、

あいつが来きたの。

 

俺らが電話を受けてから

すぐなんだよ・・・。

 

だから誰かがふざける余裕なんて

ねえだろうし・・・。

 

俺らは怖くてさ、

それで開けらんなかったんだ。

 

そしたら帰っていった・・・」

 

B君たちはA君の彼女に、

 

『もしAが来ても決してドアは開けるな』

 

と言いました。

 

彼らが言うには、

 

自分では死んだと思っていないAが

自分たちを引きずり込もうとしている、

 

と言うのです。

 

B君たちが帰った後に、

 

A君の彼女はA君との思い出を巡らせ

一人泣いていました。

 

その夜、

 

A君の彼女はドアをノックする音で

目が覚めました。

 

「来た・・・」

 

彼女は必死でそれを無視しました。

 

A君はドアを叩き続けています。

 

「おい!」

「俺だよ!」

「ここを開けてくれよ!」

 

部屋の隅でA君の彼女は

必死に耳を塞いでいますが、

 

彼との思い出と懐かしさに、

堪らずドアの方へと近寄りました。

 

「開けてくれよ、俺だよ!」

 

音はドンドン大きくなります。

 

そっと近づくA君の彼女。

 

ドア越しに見えるA君の影ですら、

涙があふれ出てきます。

 

気付けば、A君の彼女は

ドアの前に立っていました。

 

ドアを開けそうでした。

 

しかし、

A君は死んでいるのです。

 

A君の彼女は必死で声を出しました。

 

「・・なたは・・・・んだの・・!!」

 

ノックは大きくなります。

 

そしてA君の彼女は、

せめて成仏してほしいと思い、

 

決死の覚悟で一気にドアを開けました。

 

「あなたはもう死んだの!」

 

『死んだのはお前らの方だよ!』

 

A君の彼女は気絶していました。

 

そして、次に気付いた時、

彼女は治療室のベッドの上にいました。

 

目の前にはなんと、

死んだはずのA君がいて、

 

泣いて喜んでいます。

 

状況が全く掴めない彼女に、

A君は話しかけました。

 

「競争して俺が家に着いても、

お前たちは全然来なかったんだよ。

 

それで来た道を戻っていったら、

お前らの車がメチャメチャでさ・・・。

 

前の座席に座ってたBたちは

即死だった・・・。

 

でも、お前だけは軽傷で

済んでたんだよ。

 

でもずっと気を失ってて・・・」

 

A君の彼女は、

 

最初はその事実だけを

飲み込んでいましたが、

 

すぐ後にとても恐ろしくなり、

ずっとA君に抱きついていました。

 

即死だったB君たちは、

 

生死を彷徨っているA君の彼女を

引きずり込もうとして、

 

精神の中に入り込んでいたのです。

 

あのままA君の呼びかけを

ずっと無視していれば、

 

A君の彼女が目を覚ますことは

なかったのでしょう。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ