雑踏の駅でくっきり見えたもの

俺って、

酷い近眼なんだよね。

 

この前、職場で転んで

眼鏡を壊したんだけど、

 

その日は半日、

 

眼鏡なしで

何とかやってたんだ。

 

眼鏡の修理のため

早めに仕事あがって、

 

地下鉄に乗った。

 

有楽町線だけど、

 

最初は周囲がぼやけるわ、

遠近感は上手く掴めないわで、

 

ちょっとビクビクしてた。

 

でも、池袋に着く前には

少し慣れたかなと思っていると・・・。

 

ぼやけた雑踏の中に、

そこだけくっきり見えるものがあった。

 

どう説明していいのか

分からないけど、

 

何か眩暈がしそうだった。

 

なるべくそちらを見ないようにして、

人波につられて歩いたけど、

 

もう一回見てみたい誘惑にかられた。

 

それは、物じゃなかったんだ。

 

色彩が無かったから物に見えたけど、

人間のようなものだった。

 

背のひょろっとした、

中学生くらいの男の子。

 

俺が瞬きしながら

通り過ぎようとすると、

 

うつむいたまま、

横に移動。

 

もう気づいてたよ。

これが生身の人間じゃないことは。

 

だって、

俺は壁際を歩いてた。

 

そいつは、壁に映った

映像みたいだった。

 

俺は眩暈が酷くなって、

吐き気がしたよ。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ