なんまいしゃんと手を合わせながら拝む3歳児

これは、父親から聞いた、

自分が子供の頃に体験した話。

 

自分が3歳の時、

40度以上の高熱を出したらしい。

 

その時、

深夜11時50分頃。

 

熱にうなされながら

布団に寝てた俺が、

 

突然に飛び起き、

エアコンの方向を指差して、

 

「そこになんまいしゃんがいる」

 

と言い出したらしい。

 

ちなみに、

なんまいしゃんとは、

 

子供の頃に自分が言ってた

幼児言葉。

 

ナンマイダ

ナンマイさん

なんまいしゃん

 

仏様を表してたみたい。

 

両親は、どこに居るんだ?と、

その方向を見るが、

 

何も見えない。

 

しかし自分はずっと、

 

「なんまいしゃん、なんまいしゃん、

なんまいしゃん、・・・」

 

と手を合わせて

拝んでたらしい。

 

それが収まって

10分ぐらいした頃、

 

突然電話が鳴り、

父親の姉から、

 

「息子が釣りに行って帰って来ない」

 

と言う。

 

この時ばかりは、

両親はゾッとしたそうな。

 

すぐさま、

 

親父や親戚一同が

海に行き、

 

海上保安庁やら消防団と

共に探したが、

 

従兄弟は見つからず、

結局3ヶ月後、

 

自分のいる長崎から遙か離れた

四国の方に遺体があがり、

 

ポケットに入ってた免許証から、

身元が判明したらしい。

 

どうも、海流の流れに乗って、

そこまでいったそうだ。

 

余談だが、

 

もうすぐ死ぬ人には、

魚は釣れないらしい。

 

従兄弟と共に釣りをしていた人は

たくさん釣れたが、

 

従兄弟はちっとも

釣れなかったらしい。

 

結局、

その人は先に帰り、

 

魚の釣れない従兄弟が

そのまま残って、

 

そのような悲劇になったのだが・・・。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ