掻き毟る音が聞こえる部屋

大学の友人Kは、

 

学校の近くのどうしようもない

おんぼろアパートに下宿してます。

 

私も一度、飲み会の後に

電車がなくなったので、

 

泊めてもらったことがあります。

 

その時Kは、

 

「この部屋な、幽霊が出るねん!」

 

と笑って言いました。

 

何でも、

 

夜誰かが部屋の扉を、

 

叩いたり引っ掻いたり

するのだそうです。

 

ところが、

 

ドアの覗き窓から外を見ても、

誰もいない。

 

そういうことが毎晩のように

あるそうなのです。

 

別に実害は無いので、

 

最近は慣れて

気にならなくなったとのこと。

 

彼が笑いながら言ったこともあり、

 

私は彼のその発言を

信じませんでした。

 

その晩、実際に

 

幽霊が出たかどうかは

分かりません。

 

酔っていた私は比較的早くに

寝てしまったからです。

 

翌朝、Kが言うには、

 

やはり昨夜も

幽霊はやって来て、

 

外から部屋の扉を一晩中、

 

叩いたり引っ掻いたり

していたそうです。

 

私は今まで、

 

霊体験と呼べるほどのことを

経験したことが無いので、

 

折角の機会を逃してしまったことを

後悔しつつ、

 

Kの部屋を去りました。

 

それから2ヶ月ほど経った日。

 

Kが私の部屋に泊めてくれ

と言ってきました。

 

家にやってきた彼は、

ひどく浮かない顔をしてました。

 

何かあったのかを尋ねたところ、

苦笑しながらKは、

 

「もう、あの部屋引っ越すわ・・・」

 

と言って、

事情を語りました。

 

Kも、初めてその扉を

叩く音を聞いた時は

 

ビックリしたらしいのですが、

 

霊の存在を頭から

信じていなかったので、

 

隣の部屋から聞こえてくる音か、

 

ネズミか何かが天井か壁の間などで

動き回ってる音だと、

 

解釈したとのこと。

 

私に「幽霊がいる」と言ったのは、

私を怖がらせるためだった。

 

ところが今から3日前。

 

私たち二人の共通の友人Tが、

 

Kの部屋に初めて

泊まりに来たそうです。

 

Tは俗に言う「霊感が強い人」で、

よく霊を見たりしている人でした。

 

二人は、Tの買ってきた

ビールを飲みつつ、

 

夜中まで起きてたそうですが、

 

急にTの顔色が

悪くなり始めたので、

 

Kは飲み過ぎて気持ち悪く

なったのかと思い、

 

「大丈夫か?」

 

と聞いたところ、Tは、

 

「お前、こんな部屋に

よく住んでられるな・・・」

 

と言い出したそうです。

 

ちょうどその時、

玄関の方で、

 

トントン・・・カリカリ・・・

ガリ・・トン・・・

 

という音が聞こえてきて、

Kはその音のことだと思い、

 

「ああ、あの音か。

 

なんか幽霊が訪ねて来てる

みたいで恐いやろ。

 

けど、

ネズミかなんかやと思うで」

 

と、Tに言ったそうです。

 

ところが、

 

Tはガタガタ震えながら

玄関の扉を指差し、

 

「ネズミじゃねぇよ!

そこにいるじゃねえか!」

 

Tが言うには、

 

全身白い裸の男が、

 

部屋の内側から扉を

掻き毟っていたとのこと。

 

二人は、

 

ともかくこの部屋から出よう

ということになり、

 

とは言え、

 

玄関の扉には

近づきたくないので、

 

窓からベランダに出て、

雨どいを伝って下に降り、

 

そのまま近くのファミレスで

朝まで過ごしたそうです。

 

Tの言うことが本当なら、

Kには見えなかったとは言え、

 

しばらくそんな部屋で

暮らしていた

 

Kの神経の太さに

感心してしまいます。

 

霊の存在を

信じていなかったKですが、

 

Tの取り乱しようを

間近で見ると、

 

さすがに気味が

悪くなったのでしょう。

 

新しい部屋が見つかるまで、

 

私を含めた友人の部屋に

泊まることにしたそうです。

 

まったく迷惑な話です。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ